楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

魅力の「ど真ん中」を引き出す方法 ~大阪、海遊館にて~

f:id:cookyourself111:20180813192516j:plain



海遊館の「水中体験」に、シビれました……

 
珍しく昨日まで、大阪出張だったんです。
物心ついてから、大阪に行くのはほぼ初めて。

面白いものやおいしいものがたくさんありましたが、
1番心に残ったのは、水族館でした。

「魚たちがとにかく気持ちよさそうで、こっちまで気持ちよくなる」

そう感じました。

規模も大きかったり、ジンベイザメもいたりと、
他にも多くの特徴を備えているのでしょう。
ただその中でも、
魚たちがゆったりと浮いている様子にシンクロして、
こっちまで一体化できるような没入感……
他でこんなに感じたこと、なかった気がするなぁ。

入ってすぐに、
「この水族館は、廊下がえらく暗いなぁ」
と思ってたんですが、後でその理由がわかりました。

お盆の時期だからすごく混んでいたのに、
水槽前を埋め尽くすような他のお客さんたちを、
ほとんど意識せずに済んだのです。

水槽の中だけが、
スポットライトで照らされているような状態だから、
素敵なものだけに意識が吸い寄せられる。
それで、こっちまで浮いてる感じになるんですね。

そういえば魚たちについての解説文も、
ほとんど名前のみの紹介ぐらいだった。
あれはあえて、抑えてるんだろうな。

「魅力のど真ん中をくっきりさせる」
てことか。

魅力を作ることは一生懸命やるけれども、
「2位以下を静かにさせる」
ことって、簡単じゃないよなぁ。


ぼくは基本しゃべりすぎる男だから、
ゴルゴ13みたいなイメージで、
「一撃必殺の狙い撃ち」を覚えていきたいな。


海遊館。
やさしい感動でした。


■追伸:
ちなみに今回は音声入力で書いてたんですが、
「没入感」ってiPhoneに言ったところ、
表示されたのは「冒頭におかん」でした(笑)

……こういう蛇足をなくそう、ってことなんだろうなぁ。