楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

世界の彩りを取りもどす方法

f:id:cookyourself111:20180816124759j:plain



施術後の「あるある」なんです。

「視界が明るくなりました」
「色が今までよりきれいな感じになります」
「目がなんか、ハッキリしました」って。

それ、下手すると、世界の美しさが変わるよね。

 
昔、デジカメが出たばかりのころ、
「そのデジカメ、何画素?」とか言ってたのを思い出します。

画像がきれいだと、同じ世界が、
もっともっと美しく映る。

……考えてみたら、目の調子がいいと、同じことが起きるよね。

逆に、怖くもなりませんか?

今見えている景色は、もしかしたら、
実体より、ずっと魅力が減っている世界かもしれない。
そんなの、もったいないよね。

でもね、体調が悪いって、そういうことなんです。

ぼくはいつでも、嫌になるぐらい、思い出せます。
自律神経失調症だったころ、
どれだけ世界が、色褪せていたか……。
まぁ、主に「食べものがおいしくなくて幸せじゃない!」
という悲しみがメインだったんですけどね(笑)

きっとあなたも、
「ひどい風邪でむっちゃだるかったとき」を思い出せば、
共感できるんじゃないかな。

やる気もでないし、寝てても辛いし、食欲もないし、
かといって寝過ぎてもう眠くないし、
仕事はどんどんたまっていくし……

あの状態で、たとえ、
「世界って、美しいんだぜ!」って松岡修造に熱弁されても、
いまいちピンと来ないですよね(笑)

そうなんです。
五感が弱るって、動物として、けっこうやばいんです。


さて今、目の調子、大丈夫ですか?

たぶん、
人間が設計されたときに予定してた目の疲れを10としたら、
2018年の日本人平均の目の疲れは、40ぐらいなんです。

こんなに、目ばっかりの生活になるはずじゃなかったもん!
って、神様だって言うでしょう。

そもそも、
「日が暮れても寝なくなったぞ、あいつら!」ってだけでも、
かなり計算外だったはずだからね(笑)


見えてる世界は、あなたの思考を変える力を持っています。
せっかくだったら、
色鮮やかな、本来の姿を、見ていたいものです。
「くもりなきまなこ」ですね、それこそ(from もののけ姫)


お盆のお疲れもあるでしょう。

久しぶりに、目に温タオル、やってみませんか?

1)フェイスタオルを湿らせて
2)電子レンジで1分チン!
3)それを目の上において、あおむけに。冷めるまで。

「あ~~~~~……」って声、出るんじゃないかな。

目だけじゃなくて、頭まで軽くなるよ。
首とか肩のこりも、マシになるはず。

「あ~~~~~……」つってね。


あなたの世界の色を、取りもどしましょう。


ではでは、くれぐれも、お大事に!
いろいろ考えるのは、見えるようになった後がいいよ。