楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

「マザー牧場」が教えてくれた、心の栄養の見分け方

f:id:cookyourself111:20180930204601j:plain



今、何してるときが、一番楽しい?

「楽しい」「面白い」「気持ちいい」……
「快」を求めるのは本能です。
でも、扱いによって、薬にも、毒にもなる。

そこはどう、判断したらいいのでしょうか?
ぼくは1つの答えを、マザー牧場に教わりました。

 
大切なのは、
「焦がれる」ようなものより、
「満たされる」ものを優先すること。

前者は、やがて身を滅ぼす業火です。たまにはいいけどね。
後者は、温かみと豊かさをもたらす炭火です。
ずっと見てられるし、うまい肉も焼ける。

その見分け方は、
味わった後に「もっと欲しい!」となるか、
「ああ満足じゃ……」と満ち「足りる」か。
(ダイエットにも通じる話ですな)


ぼくがマザー牧場@千葉で感じたのは、後者でした。
「いろんなものが、ちょうどいい……」

●「昨日、おとといと雨だったから、今日は混んでます!」
 って駐車場のおじさんが真剣に言ってたにも関わらず、
 スイスイ見て回れる余裕感。

●「ジャージー牛乳を使ったソフトクリーム」が
 売りなのに、モンブランをごってり乗っけてあって、
 香りも何もあったもんじゃないけど、それでもおいしいお祭り感
 (あえてそっちを買ったのは、ぼくなんですけどね(笑))

●野山の頂上付近にあって、派手なものはあまりないけど、
 どこを見渡しても深い緑に包まれている解放感。
 それをジャマしない感じで、みんな「牧場風のつくり」
 「牧場風のダサめな服装」にしている統一感、安心感。

●動物ショーには、ひつじ、シープドック、やぎ、ダチョウ、
 いくつかのかわいい子たちが出てくるけど、それぞれ
 数はごく少なめで、特にすごい芸があるわけでもない。
 ただ、係のおじさんにものすごく懐いていて
 (ほぼボディプレスで襲いかかっていて)
 「愛されてんだなぁ……」という温かさばかり伝わる平和感


満たされました。

「あれもこれも見たい!」とかじゃなくて、
ひとつひとつ、大事に味わう感じで、心が温まる。


ぼくは、
「心地よい」という感覚を、
とても大切に考えています。

マッサージでもストレッチでも、
「心地よい」ぐらいが、一番効くから。

心地よさに必ず含まれるのは「安心感」です。
だから「痛気持ちいい」は、行きすぎなんです。
安心が失われる直前だから。


冒頭で、お尋ねしました。
今、何してるときが、一番楽しい?

それは、スリルも含むような、強い興奮のあるものですか?
それとも、
しみじみ満たされるような心地よいものですか?


スリルも、たまにはいいけどね。
毎日のなかにあってほしいのは、
静かな心地よさです。
味噌汁みたいなね。


やさしめのお気に入りを、見つけておきましょう。
マザー牧場(の代理)からの、ご提案でした(笑)


ではでは、くれぐれも、お大事に。
広い見晴らしって、それだけで疲れが飛ぶもんだなぁ。