楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

夕焼け待ちの砂浜 ~自然といる時間~

f:id:cookyourself111:20181029103756j:plain



宮古島の浜。砂の上。
夕焼けを待って、2時間ぐらい。
ただボーーーッとしてました。

あの時間は、黄金だった……

 

砂がひんやりと足に気持ちよくて、
海風がサラサラと涼しくて。

小さな浜に、30人ぐらいだけ。
みんなテンション高く、泳いだりはしゃいだり、
ワイワイ言ってたんだけど……
 
空がピンクに色づき始める頃、
みんななんとなく、しゃべるのをやめて、
静かになってくる。

集中するわけではないけれど、
ゆっくり流れる時間を見守りながら、
夕陽と待ち合わせしている感じ。
ただボーッと。

空が淡い朱色に焼けるころには、
シーンとして、波音しか聞こえない。
波しか動いていない。

まるでそこにいる30人が、
海や風も一緒に、一つになったような。

……あの時間は、黄金でした。


いいものだなぁ、って、
しみじみ思ったんです。

自然は好きだけれど、
「今まで、通り過ぎるばかりだったな」と。

「じっとただ自然の中にいる」
という楽しみ方は、すごく久しぶりでした。
そうしていると、
自然のほうが近づいて来てくれるんですね。
勝手に呼吸が深くなって、
氣の出入りが段違いに、深かった……


いつの間にか、
自然を「見て楽しむもの扱い」していたんだなぁ。
本当は「一緒にいるもの」なのに。
反省しました。
Doじゃなくて、Beの対象として、
自然のことを考え直した、という感じです。


そのあと、最後の夜に食べた、
「ざるもずく」、目が覚めるほどおいしかった。
(「ざるそば」の、そばをもずくに入れ替えたもの)

f:id:cookyourself111:20181029103824j:plain



その土地の「滋養」を、思い切り味わう。
目だけじゃなく、耳で、鼻で、口で……
何より、皮膚で。

旅行って、丁寧に味わえば、
「プチ転地療養」になるね。

そして、
少しずつでいいから、
こういうセンスをできるだけ開いて、
東京でも、過ごしていたいなぁ。

きっと、
真に「自然体な人」って、
そういうことなんだろうなー。