楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽になる【氣】のコツ。辛い症状・病気を自分で治したい人のヒント。

差がすごい!前屈や開脚のストレッチをジャマする「落とし穴」とその避け方

ストレッチ、前屈、開脚、できない、うまくいかない、やわらかくなる、柔軟体操、効果が出ない

 

 「どうして、体がやわらかくならないんでしょうか……」

「開脚が、いつまでたっても、できるようになりません(涙)」
「前屈で、足まで手が届かないままです」

そんな声がやっぱりまだあります。ただ、
「ああ、それでか!!」という共通パターンが1つ、
新たに見つかりました。

もちろん、「解決策」とセットです。

 実はポイントは、

「腕の使い方」でした。

……意外ですよね?(笑)

でも、本当に、
硬い人であればあるほど、これ、間違ってるんです。

腕をちゃんと使うだけで、
すごくカンタンに、ストレッチの効果が上がります。
段違いに。

具体的にどういうことか?
……というと、
前屈とか開脚のときに、
「腕を浮かしてたらダメよ!!」って話なんです。

よくわからないよね?(笑)
そう、だから、これは動画にしました。

壁にぶつかっている人こそぜひ、
これは知っておいて下さい。
順調な人が見たら、さらにスイスイ行きます。

「なんだ、そんなことかーー!!」
ってうれしさ、味わってほしいなぁ。

●差がすごい!前屈や骨盤をジャマする「落とし穴」とその避け方

 

ではでは、くれぐれも、お大事に!
「力み要素を消す」のを、1位に考えたらいいよ。