楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽になる【氣】のコツ。辛い症状・病気を自分で治したい人のヒント。

骨盤で腰痛が治るのは本当? & なぜ?

骨盤 腰痛 治る 原因 改善


「骨盤がよくなったら腰痛が消えるって、本当ですか?」
そうですね、7割はほんとうです。

 
これもすごく多い質問です。

たしかに腰痛がくりかえす場合、
骨盤に問題があります。

なぜ骨盤って、そんなに腰痛にかかわるんでしょうか。

ポイントをギュッとまとめると……

●骨盤は上半身と下半身の「つなぎ目」
 (ここで折れ曲がる)
●つなぎ目は「交差点」みたいなものだから、
 血流の「渋滞」が起きやすい。
●渋滞で血流が詰まると、乾いてしまう上にゴミがたまる。
●まわりの筋肉も硬くなるし、骨盤の動きが落ちる
●動きが落ちたままでも、動かすしかないから、
 負担がどんどん蓄積する
●その被害を1番受けるのが、骨盤のすぐ上にある腰

ということなんです。

だから、逆に言うなら
「骨盤の動きがやわらかく戻る」と、
腰痛の多くは消えていきます。

そう、ここがポイントで
「きれいなだけ」ではダメ。
「動きがよい」必要があります。

つまり大切なのは、
骨盤の「形」ではなく、
「弾力」です。

なんでもそうですね、外形より機能のほうが、
ずっと大切。

じゃあ、
「骨盤がやわらかい」って、どういうことでしょう?

それは、

●骨盤をつくる関節がやわらかい
 (おもに股関節、腰の関節、後ろコマネチの仙腸関節)

●骨盤をささえる筋肉がやわらかい
 (おなかの奥の大腰筋、もも裏のハムストリング、
  腰の奥の腰方形筋、お尻の筋肉たち)

ということです。

意外と条件、多いですよね(笑)

そうなんです、でもこれが大切で
「全体像が見えたら、初めて効率的に治せる」んです。

これがわかってくると、
腰の骨だけをボキッ!とやったって
「しょうがない」のが、よくわかると思います。

でも逆に、関節・筋肉の健康度があがって
「骨盤に弾力がでる」ようにさえできれば、
楽になるのは腰痛だけじゃないぜ!
……ということも、わかると思います。

おなかも モモもよくなるから、
生理痛や便秘がよくなったり、
脚の形がきれいになったりも、する。
ありがたい場所ですよね。


そしたら次に気になるのは、
「あたいの骨盤は、大丈夫なのかい?」
ってことですよね。

このチェック方法、実は、あるんです。
自分でやれます。
すごく便利なので、動画をこれから準備します(笑)
次回、チェック法をお伝えしますね。
 
今回はまず、骨盤の全体像と、
大切さ、威力をお伝えしました。
 

ではでは、くれぐれも、お大事に。
見た目の「老け込み」も、骨盤から始まるかな。
(=若返りのキーポイントでもあります)