楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽になる【氣】のコツ。辛い症状・病気を自分で治したい人のヒント。

睡眠でメンタル不調が改善する理由

睡眠 メンタル不調 改善 原因 理由 うつ 自律神経失調症

 

 

■「なんだか気力がわかない」ときは、誰にでもあるけれど……

「どうも今日は、やる気がでない……」
「えらくイライラする」
「気持ちが落ち着かなくて、不安なような、焦っちゃうような」

軽いメンタル不調は、誰にでもあるものです。

ただし……

" そういう日のほうが多いかも " と思ったら、
要注意だよ。
放置しちゃあいけない。

理由は3つ。

●人生の成果をジャマされちゃってるから
●人生の楽しみをジャマされちゃってるから
●自律神経など、神経系の深刻な問題に行き着くから

です。

ただこれ、安心して欲しいことに、
複雑な話ではありません。

火曜サスペ○スなみに、
「どうせあいつ、犯人だろ?」つってね、
真っ先に疑ってほしい「容疑者」は、ハッキリしています。


■「メンタルの不調」の隠れた共通点

睡眠の不調です。

量が足りないか、質が足りないか。
うつが代表的だけど、メンタル不調がある人で
「睡眠が順調!」って人は、ものすごく珍しい。
(睡眠時間が長すぎたり、充分だけど浅い人も含むよ)

※あなたの「不眠症リスク」は、前回の記事から
 簡単にチェックできます。
「睡眠が浅いリスク、5つのチェックリスト!
 ~不眠症の傾向がわかる方法~」

 

いずれにしても、睡眠は
メンタルに「ヤバいぐらい影響」します。
このシンプルな事実を、ぜひ知っておいてほしい。

有力な根拠がいくつもあります。

面白いものを動画でも紹介してるんですけど、
そのうち1つは、
「徹夜明けだったら、みんなテンション、おかしいでしょ?」
という事実です。

イライラしやすかったり、なんとなく不愉快だったり、
気持ちが落ち着かなかったり……
ほとんどの人に、実感があるはず。

たった1日分の「睡眠不足」でさえ、そうなる。
そういう種類の負担が、数週間、数ヶ月、数年と
たまっていったら……?

そりゃあ、深刻な影響が出るのも、当たり前だよね。


つまり、睡眠がよくないと、メンタルは不安定に。
最悪、神経症にまでつながる。
でも逆に、睡眠がよくなると、
メンタルだけじゃない精神の奥深くまで回復の手が伸びる。

……でもなぜ、そんなことが、起こるのか?

仕組みに納得すれば、
モチベーションが上がります。
睡眠術の効果も上がります。

わかりやすく解説したので、
今回の動画をぜひ見て、
あなたの脳に聞かせてあげて下さい。
音でインプットすると、深まるからね。

●睡眠でメンタル不調が改善する理由

 
ではでは、くれぐれも、お大事に。
睡眠は本能からのニーズ。幸福感への高速道路やで。