楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽になる【氣】のコツ。辛い症状・病気を自分で治したい人のヒント。

新しい「生きがい」の見つけ方 ~具体的で強いモチベーションが生まれる方法~

生きがいの見つけ方 探し方 モチベーション 生きる理由


「生きがいってきっと、
 見上げるような大きなやつと、
 手元で数えるような小さなやつと……
 両方あるといいんだよ」  (名もなき老爺)

 
「生きがいは何ですか?」って聞かれて、
即答できますか?

ぼくはつい、大げさに考えがちでした。

「生きがい」というぐらいだから、
一生をかける価値のある何かじゃないと、いけないんじゃないか。
胸を張って堂々と宣言できるような、何か。

……でも、どうやら、そうでもなかったんです。
もっと言えば「それだけ」じゃなかった。

なぜ?
何に気づいたのか?


きっかけは、最近読んだ、小説なんです。
つよい言葉に出会いました。

その主人公の女の子は、高校生。
とはいっても、永遠に近い命を生きる特別な民です。
彼女もじぶんの命の果てない長さを、知ってしまっている。
よくも悪くも、覚めたところが目立つ子です。

そんな子に、女友達が、尋ねるんです。

「不満のほうが多いような、こんなつまらない毎日だけど、
 何のために生きてるんだろうね?」

彼女は、ひとことだけ、答えました。


「続きが、見たいからよ」


……マジか。

なんてこと言うんだ……


「続きを見たいから、生きてるんだ」


ぼくは、胸を打たれました。

頭の中の「考える部屋」の窓がパタン!とあいて、
ビューッ!と爽やかな突風がふいたような……
余計なゴミがスッキリぜんぶ出ていってしまったような……

この言葉、すごくいい。


……ちなみに、質問をした女子高生の友達のほうには、
「よくわかんない」ってことで、
何も響いてなかったんですけどね(笑)


このアイディアに
どれぐらい共感があるのかは、わかりません。
でも、ぼくは本当にその通りだと感じますし、
人を励ます力を持ってた言葉だと感じたんです。

だってね、
「生きがいは何か?」って聞かれたら、答えに困りますもん。
そしたら、あたかも
「俺には生きがいなんて、ないんじゃないか……」って思えてきて、
凹んでしまうんです。悩みが深まっちゃう。

そうじゃなくて、
「続きが気になるものって、ある?」って聞かれたと
思ってみてください。

……いくつも出てきませんか?

それ、ぜんぶ「生きがい」と呼んでいいものなんですよ?
知らなくなかった?(笑)

たとえば、ぼくは……

● マンガ「バガボンド」がどう終わるのか(終わらないのか)氣になる
● サッカー日本代表がどこまで強くなるのか、氣になる
● 特に、ずっと気になっていた17歳の久保くんは、どこまで行くんだろう?
● 今更だけど最強のエンタメ古典「剣客商売」を最後まで読みたい
● 敬愛する上橋菜穂子さんの新作が楽しみでしょうがない
● 大好きだった宮古島は、この先、どうなってしまうのか?

……いくらでも、出て来ます。
つまり「外部のこと」でも、OKなんです。

外部のことだろうが、細かかろうが、
ぼくの背中を押してくれる「生きる理由のひとつ」として
有効だったんです。


もっと身近でいうなら、

● 大事な友達や、その子どもたち、スタッフたちはどうなっていく?
● ぼく自身の楽ゆる整体は、どこまで質を上げられる?
● ぼくと奥さんの関係性は、どこまでより良くしていける?
● ぼくが映像や文章に現せるパワーは、どこまで上げられる?
● ぼくに関わってくれる読者さん(つまりあなた)は、
  どこまで健康になれる? 幸せになれる?


……続きが、見たい。

ありがたいことに、そう思えます。
たしかに、その続きを知るためにも、
まだ死にたくはない。

そして、できることなら、
その続きの中にちょっとだけでも、
ぼくが参加したい。
貢献したい。

続きが気になるということは、
イコール、未来に楽しみがある、ということなんだね。


当たり前のことかも知れない。
でも、この質問で心の中を掘ってみたら、
あなたも、
「気づいていなかった生きがい」を見つけるかも知れないよ。

ほんとうに大事だね、掘り方って。
新しくいい質問が見つかったら、
新しくていい答えが出てくる。


大きな生きがいもいいけれど、
小さくて確かで「手で触れる生きがい」を、
ちゃんと確保しておこうね。

というわけで……

あなたの「続きが気になるもの」って、何ですか?
書き出してみると、おもしろいよ。


ではでは、くれぐれも、お大事に。
「心配な存在」というのも、実は生きがいなんだなぁ……



■追伸:

「その小説、なんてやつですか?」
という興味をもってくれる人がいそうですが、
小説自体は、そこまでオススメできるものでは
ありませんでした。どないやねん!(笑)

そういうのも含めて、面白いですね。
すごいメッセージを持っていたんだけどなぁ。