楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽になる【氣】のコツ。辛い症状・病気を自分で治したい人のヒント。

肩甲骨が10秒ストレッチでやわらかくなる!~肩こり、ねこ背、バストの悩みにも◎~

肩甲骨 ストレッチ ゆがみ 原因 解消 やわらかく ダイエット


「痩せたかったら、肩甲骨ですよ!」
        (一世を風靡した整体おじさん)

 

 

 

■ 肩甲骨をやわらかくする7つのメリット


肩甲骨を、やわらかくしましょう。
今回はそのための、裏技です。

とにかくめっちゃくちゃ「イタ気持ちいい!」やつなんですが、
痛すぎない程度がおすすめです。

さて、ストレッチを始める前に、おさえておきたい基礎知識から。

そもそも、なぜ、肩甲骨が硬いといけないのか。
やわらかくなると、どんなメリットがあるのか。

7つあります。

1)肩こりが楽になる
2)首こりが楽になる
3)猫背がよくなる
4)肩が下がって首が長くなる(スタイル改善)
5)痩せやすくなる
6)冷えに強くなる
7)呼吸がしやすくなる

……と、かなりおいしいメリットが満載です。
健康にも、美容にも、病気対策にもいい。

中でもやっぱりうれしいのは、
「痩せやすくなる」ということ。

■ 肩甲骨がやわらかいと痩せやすいのって、本当?


はい、これ、本当です。
これを「メインの商売」にしていた整体師が、
一時、テレビで活躍していたぐらいです。

「肩甲骨をやわらかくする7つのメリット」の中で……

5)痩せやすくなる
6)冷えに強くなる
7)呼吸がしやすくなる

この3つは、意外に感じるかも知れません。

なぜこうなるかというと、
肩甲骨の内側に「褐色脂肪細胞」という
「熱をつくる細胞」があるんです。
あだ名を「ダイエット細胞」といいます。

肩甲骨がやわらかくなると、この細胞が活性化するので、
体にたくさん熱が生まれるようになります。

だから、6つ目のメリット、冷えに強くなる、と。
あとはその熱エネルギーが基礎代謝を上げてくれるので、
5つ目のメリット、痩せやすくなる、ということです。

あと、実は1番といってもいいほど大事なのが、
最後の7つ目なんです。

■ 呼吸の深さも、肩甲骨ストレッチで大きく改善する


これですね。
なぜ、肩甲骨が呼吸に関係するのでしょうか?

それは、肩甲骨の外側にくっついている筋肉、
「前鋸筋(ぜんきょきん)」が、
肺の働きを助けるからです。

実は東洋医学でも、この筋肉は「肺の部下」で、
かつ「部下の中のリーダー」なんです。

肩甲骨が硬くなると、この前鋸筋の動きも悪くなります。
具体的には、肋骨がふくらみにくくなる。
それはイコール、肺が活動するスペースが狭いってことです。
その狭さで、呼吸が小さくなってしまうわけです。

ぼくらは呼吸できないと15分で死にます。
それぐらい呼吸って、大事なものです。

だから、呼吸が深くなる意味は、すごく大きい。
また、呼吸が深くなると、全身の細胞が活性化されて、
基礎代謝が上がります。
これで、先ほどの「熱ができることでの基礎代謝アップ」と
相乗効果的となり、痩せやすさがさらに強化されます。


「よっしゃ! だったら早速ストレッチしようぜ!」

って言いたいところなんですが、
見逃しがちなポイントがあるんです。

■ なぜ、普通のストレッチでは、肩甲骨が動きにくいのか?



肩甲骨って、体の後ろ……背中側についています。
この肩甲骨が外に広がるのが、一般的な「ゆがみパターン」です。

だから、肩甲骨をはがして内側に戻そう!という目的で
肩甲骨のまわり、背中あたりの筋肉を一生懸命マッサージしたり
ストレッチしたりするわけなんですが……
なかなか、効きません。

なぜでしょうか?

2つの理由があります。

1つ目は、肩甲骨にはたくさんの筋肉がついているので、
個別にケアをしているとキリがないぐらい多い、ということ。

たとえるなら、
肩甲骨を動かす歯車が10個ぐらいあるイメージです。
1つ1つに油を差してたら、大変でしょう?

そうじゃなくて、肩甲骨のまわりの歯車……つまり筋肉たちを
ぜんぶを「連動」させて大きく動かして、油を回していく。
油はちなみに、体で言うと血流ですね。
そしたら、ずいぶん効率良く、やわらかくなります。

そして2つ目の理由は、
肩甲骨が硬くなる原因が「意外なところ」に
あるってことなんです。

■ 肩甲骨を硬くする1番の原因は、どこにある?



実は「胸」なんです。
胸の筋肉が前に向かって引っ張るので、
肩甲骨は " 前に向かって " 開いているんです。

だから、肩甲骨を整えるためにもは、
胸の筋肉をケアしてあげる必要があるわけです。

最新の整体では、
「肩こりの1番の原因は、胸の筋肉である」
って断言してるぐらいですが、これも、同じ理由。
肩甲骨にもっとも影響するのが、胸だからです。

ただ、意外ついでに、胸をケアすれば、
バストの形がきれいになる、
というメリットがついてきます。

逆にいえば、胸の筋肉を硬いまま放置すると
垂れちゃうぞ!
……っていう怖いつくりになってるわけです。

■ ストレッチの効き目をさらに上げる方法



あと1つだけ。
これはぜひ忘れずにやって欲しいのですが、
ストレッチの効果を上げるコツがあります。

それは、ケアしたい筋肉を軽く手ではさむこと。
圧迫を加える、ということです。

たとえば、ぼくら自身も、音楽だけ聴くよりも、
お風呂にも入ったら、
より「やわらかくリラックス」しますよね。

要は、2種類の刺激を重ねるといいんです。
ゆるめる効果が、ググッとたかかります。

この動きについては、動画でわかりやすく実演しています。

■ 肩甲骨がやわらかくなる10秒ストレッチ



実践編です。
パパッと見られる短い動画ですが、
これも「ずっと使えるやつ」です。

効果は大きいですが、
1発で覚えられるぐらいシンプルです。
ぜひこのスキルも、お気に入りにして、持ち歩いて下さい。


●肩甲骨が10秒ストレッチでやわらかくなる!
 ~肩こり、ねこ背、バストの悩みにも◎~
 




ではでは、くれぐれも、お大事に!
腕とか手首の痛みも、肩甲骨から治すといいよー。