楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽になる【氣】のコツ。辛い症状・病気を自分で治したい人のヒント。

なぜ、整体を受けても「すぐ戻る」のか? 理由と対策は?

整体を受けてもすぐ戻る 原因 対策 長保ち 根治


今回は、ご質問を頂きました。

「整体を受けると、一時的には体調がよくなるのですが、
 2~3日もすればすぐに戻ってしまいます。
 これでは通い甲斐もないですし、いつまでもお金がかかります……」

はい、そのお気持ち、よくわかります。

ぼくも腰椎ヘルニアで悩んでいた20代前半までは、
おんなじ気持ちでした。
(大学生にとっての整体通いは、すごく高額だったから)

なぜ、すぐに戻るのでしょうか?
どうすれば、それを防いで「いい状態」を保てるのでしょうか?

今回はそのポイントを解説します。

 

 

 

■ すぐ戻る人、一発で良くなる人


この二者は、ハッキリとわかれます。

何年も続いた便秘が、1回の施術でよくなる人がいます。
(珍しいですけどね)

一方で、肩こりでしかないはずが、
根治に半年もかかる人もいます。

あなたは、どちらに近いでしょうか?

明確な事実として、ぜひ知っておいて下さい。

両者の何が違うのか。
運でも体質でもありません。

違いは、3つです。

■ 整体を受けても「すぐ戻る」人の3つの共通点



1)症状がそもそも深い
2)生活習慣の負担が大きすぎる
3)受けているケアが原因に届いていない

この3つが、
「すぐ戻る」というケースの代表パターンです。

知っておくだけでも得をするので、
それぞれ、軽く説明しますね。

1)症状がそもそも深い



これは最も「しょうがないケース」です。
たとえば、頭痛や不眠などは「脳にたまった疲れ」ですし、
胃下垂や昔からの冷えなどは「内臓にたまった疲れ」です。

そりゃあ、ただの肩こりとは、重さが違いますよね?

もちろん、肩こりにしても、
「原因が内臓から来ている」なら、やはり「重いほう」です。


たとえば……
庭の掃除を、イメージしてみて下さい。

軽い症状というのは、ちょっとゴミが散らかっただけ。
それは「はいて捨てればスッキリ終わり!」ですよね。

一方、重い症状というのは、根深く雑草が生い茂っている状態。
そしたら、
「根っこから抜いていく必要があって、時間がかかる」
ものですよね。

焦るのはストレスになってマイナスです。
だから、わかりやすく言うなら、
「頭やお腹まわりの症状の回復には時間がかかる」と
思っておいたほうが健康にいいんです。

とはいっても、「より早く治す方法」はありますので、
それは後でもう少しお話しますね。

2)生活習慣の負担が大きすぎる


次は、これです。
生活習慣がよくないと、
整体の効果があっても「すぐ戻る」ことになります。

わかりやすいのは睡眠の質が低い場合です。

そもそも、整体で体が治るわけではありません。
……そう、意外に思うかも知れませんが、
ここはものすごく大事なポイントです。

整体は「治せる体に戻す」ことまで。
そこまでしか、できないんです。

そして、
「治せる体」の状態で、きちんと食べて栄養を取り、
「治せる体」の状態で、きちんと寝て回復時間を取るから、
体って、実際に治っていくんです。

そう、つまりは食べものと、睡眠。
特に睡眠が大事です。

「3時間しか寝ない」という人がもしいたら、
10の効果があるはずの整体を受けても、
実際の効き目は3に減ります。

なぜなら、
「体を修理するヒマがないから」です。

そうなると「すぐ戻る」というよりは、
充分に回復効果を活かし切れていない上に、
「またすぐ壊している」わけです。


とはいえ、解決策は、シンプルです。

●なんとかして7時間前後は寝ること
●腹7部以下で食べて、毒物を避けること
(毒物とは、よくない油、加工が過ぎる食品、精白糖などです)

これがどうしても難しい人も、いらっしゃると思います。
仕事や家庭の事情もありますからね。

その場合はやはり、
「ゆっくり3歩進んで2歩下がるように回復していく」
という事実を、受け止めたらいいと思います。

3)受けているケアが原因に届いていない



中には、
「そもそもケアのレベルが足りない」
というケースもあります。

たとえば、
肩こりの原因が胆のうにあるのに肩を揉むだけ……
というケアであれば、「原因に届いていない」ので、
すぐ戻るのは当たり前です。

これは実際によくあるケースです。

それこそ、雑草で考えるなら、
「草を刈っているだけで、根っこが残っている」なら、
またすぐ伸びてきますよね?

原因をケアできないというのは、
そういうことなんです。
症状が出ている現地だけをケアする限界が、ここにあります。

うちではもちろん、こんなことはないようにしていますが、
浅くて不十分なケアと、
深くて充分なケア……
それらの見分け方は、シンプルです。

●頭(脳)のケアが含まれているか?
●おなか(内臓)のケアが含まれているか?
●巡り(氣血水)のケアが含まれているか?

という3点を、チェックしましょう。

この判断基準は、
あなたが受けている整体やマッサージに使えます。
でも、それだけでなく、
あなたが自分でやっている健康法にも適用できます。

頭やお腹、巡りにいいセルフケアができてこそ、はじめて、
「ただくり返される草刈り」ではなく、
「よい状態が長保ちする根こそぎ草むしり」になるわけです。

■「すぐ戻った」場合にも必ずある、プラス効果とは?



ただ、誤解をしてはいけません。

「すぐ戻った」からといって、意味がないのか?
……というと、意味は、ちゃんとあります。

「草刈り」だとしても、
しないよりは、したほうがいいでしょう?

「食べものが全く無い」のと
「パン1つだけで満腹にはならないけど、食べられた」のだったら、
大きく違うでしょう?

「どうせすぐ戻るから、何もしない」というのは、
「どうせまた汚れるから、掃除なんて一切しない」
というのと同じで、恐ろしいことなんです。

完全にきれいにはならなくても、
掃除をしていれば「色んなものが腐る」ことはありませんよね?

でも、掃除を本当にしなければ、
カビがはえる、ものが腐る、床や家具が傷む……など、
蓄積していくマイナスが、ヤバいことになります。

ですので、
何かのケアを受けるにしても、
自分でセルフケアをするにしても、
「どうせすぐ戻るから、やめちゃおう」とは思わないで下さい。

体が……ひいては、あなた自身が、
かわいそうですからね。

■ 6つある「原因の深さ」……あなたは?



先ほど、
「症状がそもそも深い場合は、すぐ戻りやすい」
というお話をしました。

正確に言えば、
「戻りやすい」のではなく「そう簡単には治らない」
ということですけどね。

じゃあ、「そもそも深い」って、
どういうことでしょうか?

症状が深いのはしょうがないとして、それでも
できるだけ回復を早めるには、どうしたらいいのでしょうか?

まずは、自分の原因の深さを知ることです。

大きく分けて、6段階あります。

1)骨格系の問題
2)筋肉系の問題
3)内臓系の問題
4)神経・心理系の問題
5)脳の問題
6)巡りの問題(氣血水)

こうです。

1がもっとも軽く、6が最も重要です。

たとえば、
1の骨格系である骨盤を調整しても「すぐ悪く戻る」なら、
原因がもっと深いのです。
たとえば、一つ上のレベルである2の、
筋肉にアンバランスがあるなら、骨盤がすぐに戻るのは、
当たり前なんです。
骨の位置って、筋肉で決まりますからね。

そんな風に、
1より2が強く、
3や4はさらに強く……6は最強レベルなんです。

あなたの症状は、どのレベルでしょうか?
どこに「原因」があるでしょうか?

自分で把握するのは難しいかも知れませんが、
大切なのは、この考え方です。

どのレベルのケアをすれば、一番深く効いた感じがするか。
それがわかれば、自分の症状のレベルも、段々見えてきます。
ちなみに、その判断ができるように、楽ゆる式のYouTube動画では、
どのレベルのケアかが、タイトルや説明でわかるようになっています。

また、専門家の価値って、まさにここなんです。

「私の症状の原因って、何なんでしょうか?」
って、聞いてみたらいい。

腕の良い人であれば、きちんと答えてくれるでしょう。
それで見分けがつくぐらい、これは有効な質問です。

■ どうすれば「整体の戻り」を防いで、順調に回復できるか



結論ですね。

1)回復を焦らない
2)食事と睡眠の質を、少しでも良くする
3)自分の原因にあったケアを選ぶ
 (施術を受けるにしても、セルフケアにしても)

この3つです。

とはいっても、
いきなり全部が上手にできる必要なんて、ありません。

少しずつ、それぞれの質を高めていけばいいんです。
それも、上手に力を借りながら。


また、鋭い人は疑問に思ったかも知れません。
「原因がどのレベルにあっても効くケアって、ないの?」
ってね。

そう、その通り。
あるんです。

それはやはり、レベル1~6の、6。
最上位のケアであれば、原因がどこにあっても、
ケアは成り立ちます。

だからぼくは、最上位である、「気血水」……
氣のケア、血流のケア、リンパのケアを
多く紹介しているんです。

音叉やパワーグッズなどで、びっくりするような改善例が
たくさん寄せられる理由も、これでわかりますよね?
不思議なようでいて、氣とか血流って、最上位だからなんです。

一瞬ですべてが治り切る魔法……なんてものではありませんが、
間違いなく全身の体質改善に役立ちます。

この記事のまとめとして、
それぞれ、今の時点で特にオススメな動画を、
紹介しておきましょう。


1)氣(経絡)のケアに有効なもの

 ▼実はみんな必須!5秒でできる邪気の浄化方法


 

2)血(血流)のケアに有効なもの

 ▼1分で全身の血流がよくなる!「ウェイブポンピング」





3)水(リンパ)のケアに有効なもの

 ▼30秒で足の冷え・むくみを解消する「骨盤トントン」
 


 

今後もこういった「深くまで届くセルフケア」を
動画にしていこうと思います。

■ 最高の体質改善は「ゆっくり起こる」もの


最後に、ひとつ。
考え方のコツです。

体の変化に一喜一憂しないこと。

たとえば、うちでは、
「10年以上もまったく改善しなかった症状が、
 たった1度の初回の施術で、大きく変わった!!」
というようなことが、よくあります。

でも、逆に、気をつけて欲しいんです。

「この調子ですぐに治るはず!」と期待を強めすぎると、
後でガッカリしてしまいます。

体には、
「準備ができているスピードで変化する」
という法則があるからです。

だから、
変化が早いときもあれば、
しばらくゆっくりなときも、あります。
年齢も体質も関係なく、
「体それぞれのペースや季節」があるんです。

だから、一喜一憂しないこと。


最高の体質改善は、じっくり、ゆっくり起きます。
「よいクセ」が少しずつ定着していくイメージです。
逆にいうなら、長年溜めてきた「悪いクセ」が
じわじわと減っていく……ということです。

体調がなかなか良くならない人の特長に、
「自己否定が強すぎる」というものがあります。

体は、急には、変われません。
急に変わったら、逆に、危ないですしね。

ゆっくり変化する自分の体を、許しましょう。
そして、そんな体にしてしまった過去の自分のことも、
責めるのはやめましょう。
何もいいこと、ないですから。

体も、
過去のあなた自身も、
「そのときはそのときなりのベスト」でした。

それは間違いないはず。


一喜一憂せず、ちゃんといい肥やしと、
何より「時間」と「関心」を与えましょう。

それほど「よく効く薬」って、
他にないですからね。


……というわけで今回は、
なぜ、整体を受けても「すぐ戻る」のか?
という疑問に、お答えしました。

長期戦となる健康への道では、
ずっと役に立つ指針となるでしょう。

ぜひ心に留め置いて下さい。

ではでは、くれぐれも、お大事に。
慌てないで腰を据えた人が、もっとも早い。