楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽になるコツ。辛い症状・病気を自分で治したい人へのヒント。 ----- by 楽ゆる整体&スクール代表 永井峻

ぼくが「常に誰かの替わり」だった頃のお話



「私、股関節にボルトが入っているの」

初対面のとき、サエさん(仮)はそう言った。


古傷だった股関節があるとき悪化して、
60代の前半に手術を受けた。
おかげで今は、なんとか日常生活は送れる。
でも、股関節が痛い。腰も痛い。

それについて担当の医師には、

「人工股関節だからね、その痛みとは、付き合っていくしかないよ」

と言われたらしい。

でも、うちの院長先生は腕がいいから、
彼の整体を毎週受けることで、
悪化することはなくなっていた。

その頃のぼくは27歳、駆け出し。
整体師としての実務経験なんて3ヶ月しかなかった。

続きを読む

一発で『暴れ馬』を治す名医と、背骨。~3月10日(日)は「背骨セラピー&セルフ整体」クラスです!~【保存版】


「年に1回ぐらい、オーストラリアから、
 すごい巨匠がやってくるんです……」

たぶん一生忘れないこの話を
ぼくに教えてくれたのは、
都内のとある乗馬クラブに勤務する女性でした。

続きを読む

「不調なとき」があっていい ~体にも四季がある~


体は、不調を「利用する」。

たとえばこの2月は「掃除」が必要。
冬に溜めた疲れや毒を出したい時期です。

だから風邪を「使う」。
鼻水、くしゃみ、汗で、毒を外に出す。
熱で消毒する。

不調を「減る」おかげで、好調がつくられる。
だから、不調なときがあっていい。
ただ「放っておかないほうがいい不調」もある。
それを見分けるコツを3つ、解説しました。

https://voicy.jp/channel/2009/732557?x=6684

ではでは、今日もお大事に。
体のやることにはみな、事情か意味がある。

「充足」の副作用、「不足」の効用


安心感は必要だ。
でも強すぎると、油断になる。

自信が欲しいと思う。
でも有りすぎると、裸の王様。

悩みがなければ楽なのに、と思う。
でも悩みのない人に、共感はできない。
深みや魅力を感じにくい。

続きを読む

ガツン!と痛気持ちイイ自律神経ケア『前腕ほぐし』#Shorts

 

「自分の眠りがなぜ浅くなったのか

 わからないんです……」

 

という悩みを、実はけっこう聞きます。

 

眠れないほどの悩みごととか

ストレスとかは別に無い。

なのに……

 

「朝スッキリしてない」し、

「日中に眠いことも多い」し、

「疲れは抜けない」と。

 

現代の不眠の8割は「そんな感じ」です。

 

つまりは「隠れた原因」のせいで

睡眠が浅いわけなんですが、

その2大巨頭が、

 

1.目の疲れ

2.腕の疲れ

 

なんです。

 

目についてはぼくの新刊を含めてモロモロと

説明してきましたが、今回は、後者。

 

腕の疲れのほぐし方です。

 

そうそう、腕には

「自律神経につながる経絡(氣の通り道)」が

走ってるんです。

(心包経といいます。しんぽうけい)

 

だからここが固いと、睡眠が妨げられてしまう。

意外な場所ではあるでしょうけども、

めっっっっっっっっっちゃ、

気持ちいいはず。

 

1分もないショート動画なので、

ぜひお試しあれ。

 

http://ht-b.jp/cz/abkjh

 

ではでは、今日もお大事に。

イスに座ったままできるし、

2024年の有力な愛用候補じゃないかな。

 

 

『座骨神経痛』と「体が固い人の腰痛」を改善するセルフ整体ベスト3

『座骨神経痛』と、
「体が固い人の腰痛」って実は、
原因がほとんど同じです。

ランキングでいうと……

1位:お尻(の固さ)
2位:腰の骨( 〃 )
3位:もも裏( 〃 )

こうです。

今回の動画では、これらすべてを整えます。
ポイントは「脱力しつつ効かせる」こと。

普通のストレッチでは改善しなかった人も
ぜひお試しあれ!
http://ht-b.jp/cz/mbDed