楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽になるコツ。辛い症状・病気を自分で治したい人へのヒント。 ----- by 楽ゆる整体&スクール代表 永井峻

魔法の質問・魔法の言葉

負けない生き方のコツは「銀河英雄伝説」が教えてくれた

「戦略とは状況そのものをつくる技法であり、 戦術とは与えられた状況を利用する技術である」 (銀河英雄伝説より意訳) ず~~~っと区別が難しかったことが、 これでスッッキリしました。 スッキリを超えてもう「ゾッキリ!」と言ってもいいぐらい。 さて…

「性格を治す」の、病むから止めて ~あなたはトムクルーズではない~

「ご飯を食べるのさえだるくて大変なのに、 まったく眠れません……」 つい先日も、そんなお客さんをみました。 メンタルが疲れ切っている。 自律神経も弱っている。 そんな人には【大きな共通点】があります。 何か?

「水泳大会」の一週間前まで、1mも泳げなかった

6才、夏、ぼくは全く泳げなかった。 水泳大会まで、1週間しかないのに。 洗面器にはった水に顔をつけるのも、怖い。 どうしてかと問い詰められるけど、 そのプレッシャーで、余計に怖くなる。 ……でも、恥ずかしい。

何より怖い「自分のウソ」の話

ぼくには最近、 とても怖いことがあります。

「立ち位置1つ」で変わる生命力

「1つで、こんなに変わるのか……」 おととい、痛感しました。

「あなた度」を上げなさい

ぼくは、ワガママです。 「仕事人で優しい」と勘違いして「もらう」ことは、あります。 でも、ワガママです。 たとえば……

「自分のレベルを超えた成果」を得る方法

先日、 【ほんの少し微妙だけど、うれしい】 メッセージを、もらいました。

「メリハリ」幸福論

ぼくは歯医者がイヤだ。 「おいおい、いつまでドリルの音、 あんなに キュルンキュルンゴルンゴルン……盛大なん? もう2020年も終わるんやで?」 って、思ってます。 「あの拷問感……何とかならんのか!」 と。 「わしゃ、そんなに怖い道具とか使わんでも、 ど…

ミタニさんの「ゴミ部屋」と、仏壇。

「足のふみ場が、マジで、ない……」 ぼくが初めて、 ミタニさんの家に行ったのは、 ちょうど息が白くなり始めた頃だった。

正しい「肌着の色」とは?

ぼくらは「皮膚でも光を見ている」。 ……この素敵なひみつ、ご存じでした? ぼくは超最近、知りました(笑) というのもね、 面白い実験があったんです。

「失明の危機」と、デザイナーの決断

「このままでは、目が見えなくなるかも知れない」 ――医者から、そう告げられた。 実際、見える範囲が、どんどん狭くなってくる。 ……こんな怖いこと、ないよね。 ぼくが敬愛する、 そのデザイナーさんは、目の難病でした。 奇跡でもない限り、治らない。 どこ…

「ほどよい自信」のつくり方 

ぼくには、自信なんてものは、ない。 でも「堂々と落ち着いている」ように見えるらしい。 ……これ、割と得してるよね(笑) たとえば、 「どうやったら、永井先生みたいに自信を持てるでしょうか?」 「自分には自信がないから、メンタルがすぐ弱るんです」 そ…

「嫌いな人」の利用価値

「あんな人になりたい」より、 「あんな奴にゃあ、なりたくない」のほうが、強い学びになる。 つまり、【反面教師】の影響力は、憧れを超えるんだって。 (心理学より)

「好き」の3倍は強い原動力

――「好き」を仕事にする。 いっとき、YouTubeのテレビCMでも よく聞いたこの言葉だけど……ぼくは、ちょっと嫌いです。 なぜか。 野球の「イチロー」の引退会見での言葉と比べると、 ぼくが、この言葉にいだく違和感がくっきりします。

「治る人」の質問、「治らない人」の質問

「治る人と、治らない人」 この両者は、何で、分かれてるんだろう? 実は、病気の重さではないし、年齢でもありません。 それこそ、 肩こりをいつまでもくり返す20代もいれば、 心臓の深刻な病気が一発でよくなる70代もいる。 ……なぜ?

人生は「迷子」か「探検」か

「探しものは、何ですか?」 こんな歌い出しの、ヒット曲があります。 つくづく思うんです。 この質問は、大切。 そして「使えるやつ」です。

「やめられない」原因と、対策。

■ 「食べ過ぎをやめたい……」 「スマホのやり過ぎを減らしたい」 「夜更かしをやめたい」 そんな風に、 やめるべきなのに、やめられない…… そういうの、ありますよね。 もちろん、ぼくにもあります。 どうしても食べちゃうんですよね、柿の種。 晩ご飯、もう…

「病院や薬でも治らない痛み」を改善する方法

「病院でも薬でも、ダメだった」 「整体もハリも、効かなかった」 「もうこの症状は、良くならないんじゃないかな……」 うちに来られる人の多くは、そんな悩みを抱えています。 それでも、楽ゆる式を試していった結果、 「ようやく、楽になれました!」となる…

私は手術を受けるべきでしょうか? ~ 一生ものの判断を間違わない考え方 ~【楽ゆる式】

「手術を受けたら、本当に楽になれるでしょうか?」 ひどい腰痛、鼻炎、 座骨神経痛、ヘルニア、脊柱間狭窄症…… 長くつづく悩みに「出口」が見えず、 手術という選択肢を前に、悩むことがあります。

70才から始める運動でさえ、超有効!

「70才から運動を始めても全然遅くない」 こんな、うれしい事実が明らかになりました。(最新の医学論文にて) なんと、比べたのは ●70才ぐらいで運動をあまりしていない人たち ●60代後半の運動を継続的にやってきているアスリート です。 この両者の間で、 …

「わかる」と「かわる」の法則

「そもそもな、わかってないものを、 どうにかできるほうが、おかしいじゃないか」 (理系タイプの天才整体師)

「真逆」に行くから、健康になれない

「私の症状は、どうして良くならないのでしょうか……?」 この悩みを、多くの人が抱えています。 もちろん、症状の内容だけでなく、年齢も、タイプも、様々です。 でも、1つ……共通した答えがあります。

可能性を殺す人、活かす人

可能性を殺す人と、活かす人がいる。 誰でも、たった1つの意識で、 どっち側にもなります。

心が「無理なく」強くなる方法

「自分を5割しつけられたら、 人生の8割のことが、より良くなる」 (心理学の探究者) ●心の強さは、生活の質を変える ●何かを「やる」のも「やめる」のも、心の体力次第 ●心の体力は「鍛える」ことができる ●誰にでも毎日ある「心のトレーニング」のチャ…

「変える力」はどこから生まれるのか?

ついさっき、ニュースに感動しました。 こんなこと、久しぶりです。 何に感動したかって、岡山県の高校3年生に、です。

本当にモチベーションにつながる目標設定法 ~3つの質問で高く維持できる~

■モチベーションが低いときは誰にでもある。けれど…… ■モチベーションって最も左右する条件とは? ■モチベーションってそもそも、なぜ落ちるのか? ■3種類あれば、モチベーションは高い上に「強く」なる ■どうモチベーション設定をすれば、ウハウハが3~4…

新しい「生きがい」の見つけ方 ~具体的で強いモチベーションが生まれる方法~

「生きがいってきっと、 見上げるような大きなやつと、 手元で数えるような小さなやつと…… 両方あるといいんだよ」 (名もなき老爺)

なぜ、「改善しない症状」があるのか? ~原因と解消法~

「どうしても、腰痛がよくなりません……」 「肩こりって、なくなること、あるんですか?」 終わらない悩みに、思えますよね。 よくわかります。 でもね……そういう「停滞」には、必ず理由がある。 その理由の大きな1つは、 「異物不足」です。

最高最強のエンタメとは? ~ きっと、死ぬまで面白いこと ~

■「飽きない遊びって何だろう?」ってずっと考えてきた ぼくは正直……「老後が怖い」 それも、健康に熱心な理由です(笑) なぜって、 一定ラインをこえて不健康になると、 「楽しむ能力」が落ちてしまうから。 「時間だけはたくさんあるのに、楽しいことがな…

悩みから自由になる方法 ~完全解決より大切なこと~

[:contents]