楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽になるコツ。辛い症状・病気を自分で治したい人へのヒント。 ----- by 楽ゆる整体&スクール代表 永井峻

心のビタミン(整心)

ぼくらが生まれたとたん、生んだ価値 ~ 「原徳」仮説とは?~

ちょっと前にYouTubeで、「ビッグ・ダディ」の人生論を聞いてたんです。(大家族のテレビ番組で話題だった、あの人ね)ほんとうに、「自分の頭で考えて生きる」ということを徹底してきた人なんだなぁ、と。思想にも行動にも、すべてはっきりした理由がある。…

あなたに効く「1番」を見つける方法

ぼくらの体にも「多様性」があるよ。たとえば、「腰痛もち」を10人連れてきたら、マジで10通りぐらいの原因がある。そしたら当然、治し方だって、10通りあるよね。そのせいで、健康になるのは、難しい。みんなそれは、よく知ってるはず。でもね、大丈夫。「…

1番、ぼくらの世界を変えるのは?

「浮きあがって見えるアバラ骨って、きれい……」あるとき、そう思った。思ってしまった。きっかけは、ファッション雑誌で見たモデルさんの写真。彼女はそのとき、20代前半。「自分がどう見えるか」が、何よりも気になる時期だった。

「30代でうつになって良かった」と山岸さんは言った

「30代でうつになって良かった」忘れられない言葉です。メンタルを傷めてしまってかなりの苦労をした山岸さんが、なぜ、こう考えるようになったのか。うつになった替わりに、何を得たのか。そしてぼくらは、今のうちに何を知って、どう備えておけば、「不幸…

「おもしろい」と「楽しい」……より強いのは?

「永井先生は独立してて売れっ子で、 楽しいことばっかりじゃないですか?」そんなご質問を頂きました。うん、なるほど。ぼくはたしかに「楽しそうだ」とよく言われます。実際、楽しいことも多いです。でも、楽しいこと「ばかり」かと聞かれると……正直、そう…

愛情の分かれ道 ~健康なほうと、不健康なほう~

大事なものを……見守っていますか?それとも、見張っていますか?ぼくはこれ、「一歩まちがっただけで、 頑張っても頑張ってもなぜか報われない」ってなるぐらい、重要な〝分かれ道」だと思うんです。というのも……

頑張らないほうが健康になる ~珍しく譲れないこと~

「譲れないことって何?」というお題がありましてね……まあ、ぶっちゃけ、ぼくには、あんまり無いんです(笑)「健康になれるなら何だっていい」って、思ってる。ただし……〝楽ゆる〟については、譲れないな、と。なぜって、「健康法を頑張ってるわりに、 体調…

せっかく「嫌い」なら、ポイントを絞りなさい

「あの人が嫌い」「あの人のここが嫌い」この2つは似ているようで、本当は、かなり違う。それなのに、混ぜちゃうことがある。うんとある。あの人すべてが許せないのか。それとも、あの人には許せない部分があるのか。その区別をし忘れるのは、もったいない…

「理想を追う」のって、ぜんぜん理想的ではない。

ええ、もうすっかり「ネタバレ」してるんですけどね(笑)「理想像を追う」のって、理想的じゃない。最近、つくづく、そう思うんです。なぜか。

人や社会のためにも、自分を大事にしなさい

「できれば何か、社会に役立ちたい」という気持ちって、自然なものだと思うんです。たとえば、SDGs(= 持続可能な開発目標)とかソーシャルグッド(≒ 社会への貢献性)なんてキーワードも、少しずつ普及してきてますよね。ただし……ぼくはそこに、「自己…

マイペースより早いペースなど、無い

回復のはやさ。1の人もいれば、10の人もいます。もっというと、ある人の頭痛が1日で治ったけど、同じ人なのに、腰痛は、治るのに2ヶ月かかったりもする。個人差もあるし、同じ個人でも、症状による差もある。だからね、自分は治りが早いとか遅いとか………

なぜか「ハードな仕事」で超健康に!?

つい先日のこと……「前回と、表情も服装も、まったく違う女性」に会ったんです。あれ!?こっちまでつい嬉しくなる、いい笑顔。血色もいい。パッと目をひかれる。そんな様子がね、3ヶ月ほど前に一度だけお会いしたときは、ぜんぜん違ったんです……

「赤ちゃん」に学ぶ3つの健康法則

ぼくらのお手本は「赤ちゃん」です。「え、何の話」って?―― ぜんぶ、です。たとえば、ぼくらが赤ちゃんに勝てないもの。それは……

やさしい目で人を見るとストレスが減る ※ドラマ名言より

忘れられないセリフが、ある。ぼくの脳裏にいつもあるし、よく「使って」もいる、ことば。

自信なんてニセモノ。でも、自信の無さもニセモノ。

「あぁ怖かった。よかったな……」新しく本を出すとき。新企画のセミナーの募集をかけるとき。1件目のコメントやご注文があると、正直……ものすごく、ホッとするんです。「まずはお一人、喜んでくれる人がいてくれた!」って、思う。

「正しいポジティブ」は2つだけ

できること探しと、できること試し。これら2つだけが、「正しいポジティブ」だと思うんです。(いきなり結論)ただ、この区分けが……なかなかできないんだよね。それで、苦しむことになる。だから今回、ちゃんと考えてみましょう。

「がんになりやすい性格」と、その対策

ストレスは、万病のもと。だから「ストレスを呼ぶような性格傾向」というのも、やっぱりある。今回はそういう、ちょっと怖いお話です……が!、もちろん、「じゃあどうしたらいいのけ?」という対策をセットで、お伝えします。

人生がつまらなくなる原因と対策

「毎日がなんか退屈です……」そんな人が、えらく増えちゃったね。リモートワークとかで、【自由っぽい時間】が増えたのに。いやたぶん、それが原因なんだろうね。

心の声=「本音」……ではない。 ~不安の犠牲になる人たちへの処方箋~

不安の「言う通り」になってはいけない。なぜなら「不安に従い過ぎた犠牲者」がたくさんいるから。

「頭のよさ」にも2種類ある。……ってことは?

「頭がいい」って、2種類あるの、知ってました?

「私ってストレスに弱い?」~現代ストレスの主役とは?

大事なご質問をもらいました。「自分はメンタルに不調なんてないと思っていました。 ……なのに、先生の動画でみぞおちもみをすると、 気分がずいぶん軽くなるのを感じました。 これって実は、 ストレスが溜まっていたということでしょうか? 私は自分が思って…

【不安】や【無気力】が改善するツボ刺激 ~新刊のご案内によせて~

メンタルの不調、すっごい増えてます。(表では言わない人が大半だけどね)たとえば……なんとなく不安感、氣力がわかない、気分が上がらない、やる気が出ない、楽しくない、いろいろずっと気になる、よく眠れない、新しいことに興味がわかない……etc「あれ、こ…

「カタログ」は楽しい。自分でつくれば、もっと楽しい。

ふるさと納税、してますか?飛行機とか新幹線で、ついつい通販の本、見ちゃうほうですか?買い物サイトでほしいもの探してたら1時間以上たってたこと、ありますか?……そう。「カタログ」は楽しい。

「心地よく疲れる」作法 ~不調を溜めない習慣~

「だるくてイヤな疲れ」と、「ごはんが美味しくなるような充実した疲れ」と……最近、どっちが多いですか?そして……どっちがいい?(笑)

人付き合いがラクになる「みんな小学生の延長」理論

人付き合い……得意ですか?「氣を遣い過ぎて疲れる」「ひとりでいるほうがラク」「飲み会とか行きたいと思わなくなった……」みたいなことを、よく聞くようになりました。以前よりずっと、ね。

「キレイな目標」より【不純な動機】のほうが強い

動機なんて「不純」でOKに決まってる。あとから育つものなんだから。――きのう、そう思ったんです。

ぼくは文章を書くのが、辛い。……でも、好きだ。

ぼくは、文章を書くのが好きだ。でも、文章を書く作業の全体が好きなわけじゃない。好きじゃない部分が、大いに含まれてる。苦しいときもある。珍しくない。というか正直、7割がたは、苦しい(笑)スラスラ書けたらいいのに、そうはいかない。もがくように…

「前園のばあちゃん」のお守り ~最後の自分を支える「切り札」とは?~

前園真聖、知ってますか?元日本代表サッカー選手、今はほぼ「コメディアン」(笑)として、「ワイドナ・ショー」などのバラエティ番組で活躍しています。(バーテンダーの格好の、ミニブタ飼ってるおじさんね)そんな彼ですが、彼のサッカー選手としての全…

大丈夫、みんなゆがんでる

ゆがみの無い人なんて、いない。めっちゃ健康な人にも、赤ちゃんにも、野生の動物にだって、ゆがみはある。クセがある。ウサイン・ボルトなんて背骨が曲がったまま、世界一。大事なのは「形式」よりも「弾力」。「正しさ」よりも「素直さ」です。……そんなわ…

遠い幸せ、近い幸せ。

●温泉は、やっぱいいなぁ~!●おふとんは気持ちいい……――これは「触覚」の喜び。