楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽になるコツ。辛い症状・病気を自分で治したい人へのヒント。 ----- by 楽ゆる整体&スクール代表 永井峻

心のビタミン(整心)

かんたん1分!頭皮ゆるめで髪のケア(細い、毛量、ツヤ、白髪など)

頭皮がカチカチに硬い人、増えてます。 ひじょ~~~~~~~~に、 ひんじょ~~~~~~~~~~~~に、 もったいない。 たとえば……頭をグリグリすると、痛くないですか?

「あなた度」を上げなさい

ぼくは、ワガママです。 「仕事人で優しい」と勘違いして「もらう」ことは、あります。 でも、ワガママです。 たとえば……

1分で「やる気」が回復する即効!自律神経ケア

「おなかが空く」のと同じで、 「あたまも空く」ものです。 そしたら、「やる気」って、落ちます。 だって、お腹が空いたら【体力】が出ないんだから、 頭が空いたら【気力】が出ないのも、当たり前なんだよね。

「メリハリ」幸福論

ぼくは歯医者がイヤだ。 「おいおい、いつまでドリルの音、 あんなに キュルンキュルンゴルンゴルン……盛大なん? もう2020年も終わるんやで?」 って、思ってます。 「あの拷問感……何とかならんのか!」 と。 「わしゃ、そんなに怖い道具とか使わんでも、 ど…

寝る前1分!疲れ解消ストレッチ(慢性疲労にも◎)

疲れ、たまってませんか? スッキリ解消しておけば、免疫力にもプラスです。 でも、なぜ…… 疲れはこうも溜まってしまうのか。 「寝てもスッキリしない」人が多くなったのか。 その原因は【部分疲労】です。

「ほどよい自信」のつくり方 

ぼくには、自信なんてものは、ない。 でも「堂々と落ち着いている」ように見えるらしい。 ……これ、割と得してるよね(笑) たとえば、 「どうやったら、永井先生みたいに自信を持てるでしょうか?」 「自分には自信がないから、メンタルがすぐ弱るんです」 そ…

「心の不感症」が回復する心臓ケア

「毎日の、あたり前のことが、楽しい」 そんな感覚って、最高ですよね。 ……でも、今、真逆になってない?

1番、嫌われる条件とは?

「嫌われたくない」 ――その気持ちが強い人に、いいニュースです。 (もちろん、ぼくも大いに含まれます) 心理学の実験で、 人に1番嫌われる条件が、ハッキリしました。

「嫌いな人」の利用価値

「あんな人になりたい」より、 「あんな奴にゃあ、なりたくない」のほうが、強い学びになる。 つまり、【反面教師】の影響力は、憧れを超えるんだって。 (心理学より)

眠り深まる【夜】のストレッチ3選

3つ、大事な事実があります。 ① 人は寝てるときに、治る ② 人は寝てるときに、痩せる ③ 人は寝てるときに、心が休まる

「失くしたはずの脚の痛み」が消えた理由

すごい事実を、知りました。 痛みに悩むすべての人に、ぜひ、シェアしたい。

ユウスケの婆ちゃん ~人を優しくする方法~

夏の終わりに思い出す、 「おばあちゃん」がいます。 「ねえ、うちのユウスケ、知らんけ? どこにおるんやろか……」

【最新1分!】自律神経が元気になるストレッチ

コロナで、 おうちにいる時間が増えてから…… 「なんかボーッとするし、フラつくときもある」 「睡眠が浅くて、頭がシャキッとしない」 「疲れが抜けねえ。気分も上がらんのだ」 といった悩みが増えてきました。 これ、 典型的な「自律神経の疲れ」です。

「治る人」の質問、「治らない人」の質問

「治る人と、治らない人」 この両者は、何で、分かれてるんだろう? 実は、病気の重さではないし、年齢でもありません。 それこそ、 肩こりをいつまでもくり返す20代もいれば、 心臓の深刻な病気が一発でよくなる70代もいる。 ……なぜ?

人生は「迷子」か「探検」か

「探しものは、何ですか?」 こんな歌い出しの、ヒット曲があります。 つくづく思うんです。 この質問は、大切。 そして「使えるやつ」です。

ぼくの夢が「生き延びた」理由

「先生は、なんでそんなに いつも前向きなんですか? 何かを諦めたこととか、あるんですか?」 ――そんな質問をもらってね、 「あれ?」って、違和感を抱いたんです。

3つを超えると、不幸のもと

「3つに絞ったほうがいいよ」 今まで、どれだけ多くの人に 伝えてきただろう。強い気持ちを込めて。

「3つのコツ」で誰でも【マインドフルネス】になれるストレッチ

「マインドフルネス」 マインドがフル……つまり心が満ち足りている。 そういう状態は、とにかく、体にいい。

重度の「うつ」を救った、スリッパ。

「何が、自分のベストなんだろう……」 そう悩むこと、あるよね。 ぼくも、ずっと思ってきた。 「腰痛が、何をしても治らなかった」ときは、 特にこの思いが、強かった。

実はそれも、選べることだよ

「実はそれも、選べることだよ」 この言葉を、このところ、くり返している。 自分に対しても、そう。 誰かに対しても、そう。

「退屈」の害を防ぐ3つの方法

「忙しい」は、不思議だ。 イヤな顔で「忙しい」と愚痴が出る。 でもなぜか、 「ヒマ」よりは、ずっとマシでもある。

【不安】を解消する「すごいツボ」!

「おなかが痛くて、なんか不安な感じ……」 下痢のときはもちろんだけど、 お腹が痛いときの不安感って、ありますよね? 実はこれ、 「ハラが座ってない状態」なんです。 武道とかで言われる、アレね。 なぜ、これが今、大事なのか?

悪口の「毒」と、中和のコトバ

「悪口は中毒になる」 ある心理学者は、言いました。 なぜ?

メンタルが不安定になる「本当の原因」

「私、ネガティブだから……」 「ストレスを溜めやすい性格なんです」 「メンタルを強くしないと、治らないですよね?」 そんな風に悩んだこと、ないですか? ぼくは、あります。 なぜなら、 ネガティブでストレスを溜めやすい上にメンタル強化に 失敗し続けて…

楽しみを2倍にする「ひと手間」

ぼくは、ジェットコースターに乗れない。 嫌い……ではないんです。 ただシンプルに「息が出来なくて窒息する」からです(笑) もしフジヤマとかに乗ったら、ご臨終するでしょう。マジで。 でもね、 あれは【楽しみの本質】を教えてくれます。

後悔の9割は「勘違い」である

ぼくは、後悔がキライです。 生きる力の根っこをやられる気がするから。 自分の過去を「ダメだった」としちゃったら、 今の自分にOKを出して生きられない。 だから、 「後悔しないように生きる」と考えてきた。 20代までは、とくに。 ……けれど、このところ、…

サトシくんの「命の値段」

今日はちょっと、変わったお話。 これからお伝えする「サトシくん」のおかげで、 ぼくは、「命の使い方」を考えました。 こんなときだからこそ、 このお話が役に立つ人、いるんじゃないかな……

「やめられない」原因と、対策。

■ 「食べ過ぎをやめたい……」 「スマホのやり過ぎを減らしたい」 「夜更かしをやめたい」 そんな風に、 やめるべきなのに、やめられない…… そういうの、ありますよね。 もちろん、ぼくにもあります。 どうしても食べちゃうんですよね、柿の種。 晩ご飯、もう…

ぼくを放置した、大ちゃん ~「自分への信用」を取りもどす方法~

自分を「無力扱い」するのを、やめる。 それだけで、健康も能力も、目を覚まします。 今回は、そんなお話……

「自分を変える」より、3倍はグレートな考え方

■「自分を変えよう」としなくていい 忘れないで欲しいんです。 「自分を変えよう」なんて、思わないでいい。 もっといい考え方が、あるからね。 まず、どうして、 「自分を変えようと思わんでいい!」 って言い切れるかというと……