楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

「目標」が必要な人、そうでない人。

f:id:cookyourself111:20180312221538j:plain



「目標を持ちなさい!」
「夢を持ちなさい!」

すごく正しいことのように言われているけど、
実は50%でしかないと思うんです。

そのやり方が合わない人が50%はいて、
ぼく自身もそっちに入るから。

でも、
「固定した目標を追うのが自分には合わない」
って気づくのまでに、長い時間がかかりました。
もっと早くわかってたらよかったのに。

というわけで、今回は、その区別法のお話です。
あなたは、どっちのタイプだと思いますか?


ちなみにこのコラムは、
↓のお話の派生です。

 

「強い気持ち」より「なんとなく」のほうが
本音にきちんとつながってるんじゃないか。

というのがポイントでした。


これ、一歩話を深めると、
今回の「目標の必要性」というテーマに、つながるんです。

目標がいらない人って、いるよね、と。

もっとわかりやすく言うなら、
「一直線に目的地に向かうと活き活きするタイプ」と、
「あちこち寄り道するほうが活き活きするタイプ」がいる。

で、人生に1つの正解なんてないのだから、
「どこに辿り着くか」よりも、
「今いる場所で活き活きしているか」のほうが、ずっと大切。
活き活きしてたら、いい場所に辿り着く、ってぐらい。

だとしたら、
何を目指すか、どう目指すかなんて、
自分の好みでよくて、
「より活き活きできるほう」を選んだほうが、
幸せじゃおまへんか?

……ということなんです。

旅も同じでしょう?
プランがしっかりあるほうが楽しめるタイプと、
無計画にブラブラするほうが楽しめるタイプは、
半々に分かれるもんね。

人生も似てる。

大事なのは、
「どっちもどっち」だし、
「どっちでもいい」ということ。

そして、
「自分に合わないほうを無理にやると、楽しくない」
ということ。


もちろん、
いつもはプランきっちりタイプが、
「たまにはブラブラもいいね」と楽しむのは素敵。
逆に、いつもはブラブラ気ままタイプが、
「たまにはプランもいいね」と楽しむのも、素敵。

でも、強制されると、いまいちです。

「活き活き」しなくなる。
それは「素質が活きない」ということだから、
うまくいかないんです、色々とね。
心のエネルギーが落ちるし、それじゃあ運もやってこないし。


だから、
「人は絶対に素晴らしい目標を持つべき」なんて
思わなくてもいい。

目標が「自然に湧いてきた」なら、
それを大事にするのもいい。

そこに自由度があってもいい、って思うんです。



結局のところポイントは、
あなたの素質に合っているかどうか。
あなたの「本音と接続している」かどうか、です。


ぼくは昔、自分を勘違いしていました。
「目標をもつべき」だと思ってた。
でも、どうも違ったんです(笑)
狙ってやったわけじゃないところのほうが、
本当の自分の個性が出てた。
素質が、活きてた。

日本はマジメだから、
勘違いしやすい空気があると思うんです。


だから、改めて、チェックしてみて下さい。

●今までの人生を振り返って、
 「この選択はよかったなー」と思う選択を
 書き出してみます。3~5つぐらいでOK。

●その3つを選んだとき、
 Aすごく論理的に計画的に時間をかけて判断したものだったか、
 B直感的に感覚的にフィーリングで決めたものだったか。
 ……を、それぞれについて、そのすぐ横に書きます。

●AとB、どっちが多かった?


おそらく、
Aが多かった人は、しっかりプランタイプ。
Bが多かった人は、ブラブラ気ままタイプ。

なんじゃないかな。
多分ですけどね。

宿命みたいなところがあるから、
長期で振り返ると、
「自分に合う側の選択が報われている」可能性が
高いんです。

面白いから、ぜひ、考えてみてください。

自分の素質や好みを知れば知るほど、
旅上手になります。

旅上手は、生き方上手。
無理なく楽しく、多くを得るからね。
ケガや病気も減るし。

自分に合う道、合うペース。
探していけるようになりましょう。

魔法の質問でまとめるなら、
「ただそれ、ほんとにあたいに合ってるかな?」
ってことですね。

いつも自分に、チェックしてあげましょう。