楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

問題解決力が3倍になる!魔法の質問

f:id:cookyourself111:20180223104118j:plain



「あれ? 先生、まだ何もしてもらってないのに、
 肩こりがだいぶ楽になってます……(笑)」

整体を始める前に、
ぼくがお話を聞いて、こんな風になってますよ、
ポイントはこの2つですね、なんて説明をする。
その時点で、「だいぶ楽になってる」ことが、けっこうある。
 
どうして?
 

 
安心できたからです。
 
「でも、腰の重さはまだけっこう、あります。
 不思議ですね」

そう、そっちは多分、少し深いんでしょう。
 
「じゃあ私の場合は、腰を大事にしたら、いいってこと?」

そうそう、そういうことです。
肩は、大したことなかったってことですよ。

「なんだ、そうなんですね。まぁ、実際いま、軽いし。
 そうなんだったら、気が楽になりますね」
 
――そんなやりとり。
珍しくもないんです。


ぼくたちは「ゴールが見える」と楽になる。
「大事なものが絞られる」ことでも、楽になる。
心がスッキリするからね。

覚えてますか?
持久走で「あと1週!」ってなったときのうれしさ(笑)
ボーリングって真ん中のピンだけ倒せばいいんだ、
って知ったときの「なるほど感」。

どれに集中したらいいのか。
どれはあまり氣にしなくていいのか。

それがわかるだけで、見通しがつく。
見通しがつけば、落ち着く。
落ち着いたら、力が抜ける。
力が抜けたら、血が巡る。
血が巡れば、栄養が届く。ゴミが出て行く。
そしたら、痛みは減るんです。


だから、
「あれもこれも悪い」なんて思わなくていい。

症状の数だけ、
あなたに問題があるわけではないんだからね。
ほとんどの場合、根っこは2~3個。

だから、
「いったいどれが、メインだろう?」
という問いが、すごく大事。

少し余談だけれど、
ぼくは「鈍感力」という考え方はちょっと苦手で、
鈍い人間になりたいとは、思いません。
やさしさまで、死んじゃうような氣がするから。
味がわからない人は、なんでも美味しいかもしれないけれど、
おいしい料理を作ることはできないからね。

それよりも有用なのは、
「アウトオブ眼中力」じゃない?
重要なものと、そうでないものを、分ける力。

これが大事だね。その1つにまず、集中しよう。
他は大したことないものか、今は大事じゃないものだから、
氣にしなくてもいいよ。
――そう思えたら、世界は、ずっと広くなるよね。

100の力が100か所に分散してたものを、
大事な「1」に「100」つぎ込めるんだから、
そりゃあ、勝率の上がり方、ハンパないでしょう?

単純に、100倍かな?(笑)
しかも「余裕」があるよね。
余裕って、「幸せ」のすごく近くにあるしね。


だから、この魔法の質問を、胸に常備しておこう。

「メインはどれなんだろう?」

あとは、サブだけど、
「他はもしかして、大したこと、ないんじゃない?」
「今は放っておいても、いいやつじゃない?」


心が追い詰められるのは、
「追われてる」し「詰まってるから」だよ。

まず、減らそう。
考える前に、悩む前に、取り組んじゃう前にさ。

頭の中の掃除から、すべてを、始めよう。