楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

楽しみ方を、思い出せばいい。

f:id:cookyourself111:20180226114325j:plain


一番すくすく伸びるのは、楽しそうな人。
マジメより、アツい人より。
「ドラゴンボール」の孫悟空みたいなもんかな。
 
「楽しむ」
 
本当は、やり方を思い出せば、
誰でもできることなんです。
 

 
最近ぼくは、水墨画が、たのしい。
ポテトチップスは、今でも、おいしい。
好きな相手との仕事は、おもしろい。
骨盤が治った!って皆が喜ぶと、うれしい。

たのしい、おいしい、おもしろい、うれしい。

子どものころと、変わらない。

ひょっとしたら、
「大人になったから、楽しめなくなるもの」
って、ほとんど、ないんじゃないかな?

楽しくなくなる理由って、
大人になったからじゃなくて、
「大人らしいやり方をしちゃってるから」かもね。
自分が開いてないだけ、だったかも。
 
芸人の千原ジュニアさんが、
今でも後輩のみなさんとトランプで徹夜するってね。
そうだよなぁ……と思うんです。


少し背のびをした挑戦とか、
ちょっとイケない食べものとか、
好きな人との遊びにマジになってみるとか。
 
「踏み込んでしまう」
ということなのかな。
 
そりゃあ、遊びだって何だって、
「腰かけ」の「逃げ腰」だったら、
楽しむ余裕なんて、ないもんね。

ぼくらは所詮、大きな子ども。

ただ、色々知っちゃった子ども。
「知ってる」というだけで、
一番楽しいところを過ぎた、って、
勘違いしている、子ども。

「トランプ? ぼく知ってるもん」つってね。

そうじゃないよね。

大人が一緒になって、
マジでやってると、子どもは楽しくなるよね。
トランプだって、相撲だって、
きっと、薪割りだって。
 
これ、ぼくらの中にいる子どもも、同じなんですよ。


自分という子どもと、
マジで一緒になって遊んでますか?
マジで相手してますか?
 
カッコいい大人って実は、
大人ぶってクールな人じゃないよね。
よく考えたら、それ、「大人げない」もんね(笑)
 
知恵も経験もあるのに、相手が子どもだろうと素人だろうと、
一緒に本気になってくれる人が、かっこいい。
それがまた、本気で楽しそうだったりしてね。
 
 
「楽しいこと」じゃなくて、
「楽しみ」を、探そう。
 
いらないものはササッと脱いで、
踏み込んでいく大人でありたいなぁ。