楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

64年……「熟成」された気力

 

f:id:cookyourself111:20180820205952j:plain



今日は、
「64歳になって、はじめて故郷を飛び出したのよ」
という素敵なお話を聞きました。

 
その方はそれまでいちども、
東北の地元から出たことはなかったそうです。


そして今、京都に移り住んで、とても楽
しくやっている、と。

彼女は、
「いちども外に出たことがないんだから、私には無理」
とは思わなかったんですね。
それどころか逆に、
「外に出るパワーを、64年間食べてきた」
と考えていたようです。

面白い「分かれ目」ですね。

「今まで出来なかった」のか、
「今まで やってこなかっただけ」なのか。

本当は、自分がどっちなのかなんて、
案外、わからないかもしれません。
ひょっとしたら、その壁、
自分の「思いよう」で、なんとかなるんじゃないか。

「気力がなくて新しいことができない」
ということをよく聞くんです。
そしてその気持ちは、過去、ぼくの中にも確実にあったものです。

ただ、この順番って、逆にもなりそうですよね。

「風を感じてから窓 を開けるんだ」って人がいたら、
おかしいですもんね。
「窓を開けるから風が入ってくるし、初めて風を感じる」
わけだから。

気力があるから、新しいことをやるんじゃなくて、
新しいことをやるから、気力は湧いてくる。

昔とは違って気が充実している自分を考えても、
90代の元気なお客さんたちを思い浮かべても、
そう思うんです。あらためて。


やりたかったのに、できなかった。
無念ともいえるような記憶。
誰にだって、あると思います。

それは今、もしかしたら晴らせる無念でしょうか?
または、熟成されて、
他の光を灯す燃料にもなれるでしょうか?

自分で「後になってからこそ選べる」ことって、
意外とあるのかもしれませんね。


……そんな中、
明後日の休みは西伊豆にシュノーケリングの予定です。

とんでもなく楽しみにしていたのに、
なんと、ダブルで台風がくるんだとか(笑)

ぼく自身、試されてます。
今回は、海中メガネと足ヒレつけて、温泉素潜りかなぁ。


ではでは、くれぐれも、お大事に。
経験って、漬けものみたいなところ、あるかもね。