○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

不安を振りまく人、希望をのこす人

f:id:cookyourself111:20170216084919j:plain



「あたいを不安にさせて、どうしようって言うの?」
           (昭和を代表するレディー)

 



「病院で、この頭痛はもう治らないと言われたんです……」

そういって、50代の女性が来られました。
理由は、「ストレートネックだから」だそうです。

ストレートネックというのは、首が真っ直ぐになりすぎて
負担がかかってしまう歪み症状のことです。

彼女が苦しんでいたのは、頭痛だけでなく、

● よく眠れない、夜に起きちゃう
● 首肩がこってしょうがない。マジで何か乗ってない?
● 真上が向けない。首痛い。目薬さすのがすごい負担
● 下を向いて料理をするのが辛くて、煮物ばっかり作ってる

といったように、生活にかなり嫌なことがある。
なのに「治らない」って言われちゃってたわけです。

そんなの、絶望的になりますよね。


……で、実際、どうだったか?

1回目の整体で、頭痛は50%オフ。
2回目で、80%オフ。
3回目になったときには、ゼロ。

首もずいぶん動くようになり、真上がしっかり向ける。
痛みもないし、引っかかりもしない。


よく眠れる、首肩のこりもかなり軽くなった、
夢見もよくなったし、料理をしててもずいぶん楽。
「この前、久しぶりに手作りの餃子を作ったんですよ」って、
すごく嬉しそうにニコニコしてました。


あぁ、本当によかった……


とも思いますが、


ひどい話やないか!!!!!


とも感じるんです。


「●●だから、どうにもならない」という言い方って、
怖いし、危険です。

ストレートネックはもちろん、
猫背も、
顎関節症も、
ヘルニアも、
メンタル弱いのも、
姿勢が悪いのも……

「どうにもならない」なんてことは、ありえない。
「どうにかなる余地」がないことは、今まで一度もなかった。

究極の例を考えてみるとして、
末期ガンの方だって、ガンじゃない部分はあるんです。
ガンに負けてない部分は、必ずあるんです。

そして、病気を逆転することは難しいかも知れないけれど、
呼吸を楽にしたり、歩くのを楽にしたり、
こりを減らしたり、食欲が戻ったり、なんてことは
いくらでもできうるわけです。


不安をあおる人は、信用してはいけない。
ぼくは常々、そう思います。

もっと正確に言えば、
「不安で終わらせる人には、コンプレックスか企みがある」

これ、覚えておいて欲しいんです。


その後、何か売りたい場合。
何もできない自分に言い訳が欲しい場合。

聞き手の気持ちも考えず、
自分の視野が限定されていることにも気づかない。


じゃあ、どういう人がいいか?

それは、
「希望で終わらせる人」です。

ただのポジティブでもまだマシなほうですが、
希望を持つには具体的なプランが必要です。

「できることはありますよ。たとえば……」
といって、やれることを教えてくれる人です。
具体的な希望をくれる人です。


特に相手がお医者さんとか、
ぼくらもそうですが、医療・健康系の人だったら、
そういう目で見てみるといいです。

まともな人は、
「●●だから、どうにもならない」
という言い方なんて、決してしませんからね。


現実を理解してもらうことは必要です。
だから、ネガティブなことを言うな、って話じゃないんです。
ストレートネックが本当なら、自覚はしたほうがいい。

ただ、自覚をしてもらった上で、
「だから、こうしたらいいんですよ」って
話をしてあげて欲しい、というだけなんです。

誠実な人は、そうしてくれるはず。
プランを提供できるだけの情報や経験を持っているはず。


きっとはこれは、
「いい先生、そうでない先生を見分ける方法」として、
とても使いやすいチェック基準だと思います。


その人は、あなたを不安にさせて終わっちゃう人?
それとも、あなたに希望を残してくれる人?


そんな視点をひとつ、ぜひ持っておいてください。
ぼく自身も重々、氣をつけたいと思っています。