楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

1mmでも動いたなら、それはもう「動く岩」だよ

f:id:cookyourself111:20180802192337j:plain



「気づいたら、去年の夏よりずっと楽になってました!」

……そう話してくれたのは、パニック障害がひどく、
1人では外出が一切できなかった30代の女性です。

ご主人の付き添いでいらっしゃって……
1人でうちに来られるようになるのに、2ヶ月かかりました。
でも1年後の今、こんなにひどい夏に、全然負けてない。

「今まで3年以上、何をしてもどんな薬でもダメだったのに、
 初めての永井先生の施術で、息がスーッとしやすくなったんです。
 それがあったから通い続けられたし、今があるんだと思います」
 
逆にいえば、最初の変化は「呼吸だけ」でした。
でも、彼女はとても正しい。
すべては大抵、「1点」から始まるんです――

 
たとえば、大っきな岩があったとしてね。
それがどんなに頑張っても、ビクともしない。
だったら、「今動かすのは難しい岩」です。

でもね、よいしょー!ってやったときに、
1mmでもいいんです。
1mmでいいから、動いたとしたらね、
それは「動かせる岩」なんです。

この違いを、想像してみてほしいんです。

1)「動かない岩」
2)「今は動かすのが難しい岩」
3)「ほんの少しずつでも動かせる岩」

それぞれ、天と地の差ですよね。

1mmでも動くなら、
これからもっと、動かしていける。

もちろんそれは……

1)「改善の余地がない症状」
2)「今は改善が難しい症状(下準備が必要)」
3)「ほんの少しずつでも改善が見られる症状」

同じことです。
これをね、どうか、間違えないでほしい。

改善の余地がない1なんて、そうそう、ないよ。
本当は改善に時間がかかるだけの2を、
改善が無理な1だと勘違いしちゃいがちなんです。
はっきりわかる変化が出始めるまでに時間がかかるから。
でも、誤解しちゃもったいない。
治るにしたって、準備が必要だってだけです。

ぼくたちだって、
寝起きにいきなり「全力ダッシュしろ!」って言われても、
イヤだし無理でしょう?(笑)

しばらく回復力くんも寝てたわけです。
血流が悪かったから、食べものもの少なくて寒いところで……
もうほとんど「冬眠」してた状況。
ウォーミングアップの時間をあげないといかんよね。

だから、焦っちゃダメなんです。
いいこと何もない。
 
まして、健康法なんかを試してみて、
もしほんの少しでも変化があったなら、
それがどんなに小さく、部分的だったとしても、
それは「動かせる岩」だからね。
「変えていける症状」です。

「まだまだ残ってるもん、よくならないよ!」
なんて思ったら、もったいないです。

そんな動きにくい岩にしちゃったのは、
自分たちだしね、厳しいこと言えば。
しかも必ず、時間をかけて小石から大岩に
なってきたわけだから。
そりゃあ、小石に戻すなり、きれいにするなりには、
時間がかかるよね。

それでもね、やっぱり強調したい。
「動く岩で、よかったね」って。


小さな変化を、大事に思おう。

早くよくなってほしいのは、わかります。
めちゃくちゃわかる。

でもね、3年間悩んでた症状がほんの少しでも変わったなら……
「3年家から一歩も出なかった引きこもりの子が
 コンビニまで行った!」
みたいな話なんですよ。

それ、ものすごいことだよね。
そりゃあ、社会復帰という大目標から「引き算」しちゃったら、
まだまだ先は長いよね。
でも、「3年ぶりの一歩前進」の意味の大きさっていったら、
もう胴上げレベルでしょ?
そのコンビニ、一生つぶれないでほしい記念コンビニでしょう?(笑)

そしてやっぱり、
胴上げレベルで喜ぶ親をみたら、
その子、うれしいよね。
無理はできないけど、今度はスーパーまで行こうと思うよね。

そういう話なんです、本当に。
体にとって、そういう親でいましょうよ。

だからね、最後にもう一度だけ。

小さな変化を、大事に思おう。
体を「引き算」じゃなくて、「足し算」で見てあげよう。

あらゆるすべては全部、そこから始まるんだから。