楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽になる【氣】のコツ。辛い症状・病気を自分で治したい人のヒント。

どうして心は病むんですか?

f:id:cookyourself111:20190119164718j:plain




「うちのおばあちゃん、入院したら、
 人が変わったようにワガママになってしまって……(涙)」

そんな話を聞いたこと、ありませんか?

ぼくも先日、ナマナマしい体験談を聞いたばかりですが、
この症状からは、大切な「心のヒミツ」が見えてきます。

 
たとえば、入院が続いたときなんかに、
グチっぽくなる……ぐらいはまだしも、
ふさぎ込んだり、暴言を吐いたり、思い込みが激しくなったり。

実はこれ、誰にでも起こるケースで、
専門的には「せん妄」(せんもう)と言います。

どうして、このお話を伝えておきたいか?

それは、
みんな体調不良がひどいと「プチせん妄」になるからです。

入院で起きた「せん妄」であれば、
退院すれば治ることが多いです。
こっちのほうが実は「放っておいてもいい」んです。

いっぽう、日常生活で起きた「プチせん妄」は、
日々の疲労が重すぎるために起きたこと。
なかなか治らないことが多いんです。
ここがすごく大事。


ドラマやマンガなどでも、
「あいつは変わっちまったな……」
ってセリフ、ありますよね。
目を細めて、風に吹かれながらつぶやく感じのやつです(笑)

あなたのまわりにも、「変わっちゃった人」、いませんか?

で、そういう人って大抵、
「どっか不健康な感じ」がしてませんか?

顔色が悪かったり、
目が血走っていたり(笑)、
呼吸が浅かったり(早口とか妙な大声とかに出る)、
目線が落ち着かなかったり……


「心の異変」は「体の異変」を伴います。
もっというと、
「体の異変から始まる」ことが多いぐらいです。

だから、どうか、気をつけて下さい。

自分の「心の異変」を感じたら、
何よりも優先して、疲れを抜いてほしい。
カウンセリングとか病院とか薬とか専門的なケアの前に、
ごくごくシンプルに「体力を回復させる」こと。
どうもね、そっちを「後回し」にしちゃう人が多いんです。
超もったいないでしょう?

あなたのまわりの大切な人に「心の異変」を
感じたときも、同じです。
「大げさに騒ぐのは、最後にまわす」。
性格が変わったように見えた人でさえ、
ちゃんと食べてちゃんと寝ているうちに、
元に戻ることのほうがずっと多いですから。

ぼくなんて、
「先生のところに通ってたら、うちの娘、
 性格まで穏やかになってきました……」
こんなことを言われることも、少なくありません。

なぜかって……

●氣の流れが詰まると「元気」「やる気」「気配り」「運気」
 も落ちる。そもそもずっと「気詰まり」になる
●「体力」が一定以下まで落ちると、「心の体力」も落ちる
●血流が落ちると「血気盛ん」の真逆になる(血気が落ちる)
●冷えが長引くと血流にムラができるから「血迷う」ことになる
●そんな状況だと、脳は「エネルギーの節約」をしようとする
●行動をおさえるために「ネガティブ・モード」にもなる

……といったメカニズムが、
体には組みこまれているんです。

だから、昔の人は
「健全な精神は、健全な肉体に宿る」
なんてことを言い伝えたんでしょう。


だから、そもそもの質問、
「どうして心は病むんですか?」に戻って答えると……
「まずは疲労が強すぎるからだよ」
ということなんです。

忘れないで下さいね。
「心の問題」だと思ったら、体を動かそう。

やさしいやつでいいからね。
散歩とか、ストレッチとか。

ではでは、くれぐれも、お大事に。
本当に性格が悪い人って、実は20%以下だと思います。