楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽になる【氣】のコツ。辛い症状・病気を自分で治したい人のヒント。

レイキって何? 効果や、やり方は? ~誰にでもできる氣功治療の基礎知識~

レイキって何 やり方 方法 効果 メリット 実演動画


令和に入って、ほんとうに増えてきました。

「レイキって、何なんですか?」
「氣功とかの経験、全然ないんですけど、私にもできますか?」
「怪しい人が多いんですけど、ちゃんと効果あるんですか?」

……といったご質問が。

たしかに魔法っぽいので、あやしく見えるでしょうし、
ぶっちゃけ、本当にあやしいものも多いです(笑)

なのでこの機会に、実演を含めて、
わかりやすく説明してみます。

 

 

 

 

 

■ レイキってまず、何に使えるの? ①治療面のメリット



大きく2つです。

まず1目。
治療面では、痛みとこりの軽減です。

どうしてそれができるか、というと、
血流や細胞がパワーアップするからです。

「氣」っていうときっと、不思議なイメージですよね。

でも、誰もが必要とする「身近な氣」が、
空気と電気です。
どっちも「ないと活動できないエネルギー」。

ただ、それと同じなんです、人体の氣も。
ぼくらが動くためのエネルギーです。
体内の空気(酸素とか)も、その1つ。

病気を治すには免疫が必要で、
免疫を「現場に運ぶ」のは血流ですね。
だから、血流をよくしてくれる氣功で、
奇跡のように病気がよくなる例が出てくる、
ということです。

ぼく自身は整体師ですが、レイキを併用してきたからこそ、
今の治療効果が出ている実感があります。

そういえばもう……10年以上ですね、
使ってきたなかで、多くの奇跡を目の当たりにしてきました。
「もしなくなったら」、本当に困ります。
治療能力は、半分以下になるでしょう。
……想像しただけでも怖いですけどね(笑)

■ レイキってまず、何に使えるの? ②生活面のメリット



次の2つ目。
生活面のメリットが、浄化です。

ごく簡単にいうと、
氣の状態がものすごく悪いのが、
「滞って濁った状態」で、邪氣です。

その逆、ものすごくいい状態だと、
「軽やかで透き通った状態」で、
正氣(せいき)と言います。

運びがよい氣なので、「運氣」(運)とも
当然、つながってきます。

だから運を高めるための「風水」では、
「家の中の氣の巡り」を上げることで、
運氣(氣の運び)をよくするわけです。

風水はお家の中でも大切だけど、
1つ1つの小さなものの中にも、あるんです。

それこそ「呪われた人形」なんて、ものすごく
邪氣にまみれていて、氣を通さない。
だから触れると嫌な感じがしたり、
変に重たかったり、
こちらの運氣を下げてくるわけです。
で、悪いことが起きる、と。

この「邪氣」のごく軽いバージョンの代表が、
実は、サイフとスマホなんです。

■ サイフとスマホはなぜ、浄化が必要か?



サイフとスマホには、邪氣がたまります。
「たまりやすい」とかじゃなく、
どうしても溜まってしまいます。

理由は、かんたん。

サイフは、欲の出入り。
スマホは、電磁波。
これら「自然な流れ」を止め、邪氣化するからです。

といっても、
「あなたの欲が邪氣レベルだ!」みたいな話じゃなくて(笑)、
他の人の念が入っていることがある、という意味なんです。

お金ってよく考えたら、ほぼすべてが「中古」でしょう?
たとえば今、サイフの中にある千円札も、
あなたのところに来る「前」に、もしかしたら
欲にまみれた持ち主のもとにいたかも知れません。
また、すごく心が弱っていた人だった可能性もあります。

そういうことなんです。

あと、そうそう、スマホは電磁波、と言いましたが、
電磁波も静電気と似た属性があって、
血流などを滞らせるリスクをもっています。
そのため、現代の邪氣の代表例なんです。

こういった環境の止めがたい悪化によって、
邪氣が「特別な人だけの問題」じゃなくなってしまった。
……というわけです。


はい。
ここまで、レイキが何に役立つか、
というお話をしてきました。

次は、
なんでそんな効果があるのか。
そもそもレイキって、何なのか。
みていきましょう。

■ そもそもレイキって、何?



氣功の一種です。
「手当て療法」といってもいいです。

もともと日本で生まれましたが、あまり
流行りませんでした(笑)

それがアメリカ(特にハワイ)で流行して、
逆輸入のように日本に戻ってきて、今はだいぶん
人気が上がってきています。

海外のほうがずっと普及していて、
イギリスやカナダでは病院でも使われるほど。
……つまり、「保険が適用される」ほど、
医療行為としての信用度が上がっています。

■ レイキの根拠は? 本当に大丈夫なもの?



誰もがきっと、
「お腹が痛いときに、手を当てていた」
という記憶があるんじゃないでしょうか?
小さい頃は、特にそうですね。
(本能の力が、大人より強いですから)

手を当てているとなんかちょっと温かくて、
少しホッとするような。
痛みがちょっとマシになるような感覚があったはず。

ちなみにこの「手当て」、チンパンジーもやるんです。
子どもがケガしたとき、お母さんが手を当ててあげる。
それで回復の速度がグンと早くなるんですって。

きっとぼくらの本能やDNAに組み込まれた
自然療法なんでしょう。

あと、データとして面白いのは、

●脳波をはかると、レイキを始めた人が「α波」になる。
 (深いリラックス状態。気持ちが落ち着き、血流がよくなる)
→すぐあとにレイキを受けている人も「α波」になる。
→少し後に、その様子を観察していた人まで「α波」になる(笑)
という実験がありました。

また、
●サーモグラフィーで測ると明らかに体温があがる
 (血流がよくなるから)
といったテストも、繰り返し行われているようです。

そういえば最近、

●ハーバード大学医学部の「がん研究所」でも
 レイキが導入される

など、権威のある医療分野でも
どしどし導入・研究されているようです。

じわじわですが、確実に科学のメスが入って、
「測定可能」なものになりつつあります。

■ レイキが誰にでも使える理由は?



これはもう、
「もともと持っている能力を使っているから」です。

誰もが手から「遠赤外線」を出しています。
(これも測定可能)
だからお腹が痛いときに手を当てたくなるし、
当てるとラクな感じになる。

その力を、ちょっと強くするだけなんです。
つまりゼロから奇跡を注入する、みたいな話ではない(笑)
5ぐらいあるものを、20とか30に伸ばしていこう、
というだけなんです。

実際、これまでぼくがレイキをお伝えした相手は
200人を超えますが、
できなかった人は、いまだに一人もいません。

筋力とか痛みの変化でリアルにチェックするんです。
「え……手当てだけでこんなに変わるんすか……!」
って、みんなで一番盛り上がるパートです。

しかも、その日はじめてなのにね。
そういう簡単さです。

「楽ゆる」だからこそ、ぼくもレイキを採用しています。

■ 他の氣功と何が違うの? ~特長とメリット~



ぼくも中国氣功などをある程度学びました。

一番大きな違いは何かというと、
「レイキは人間個人の能力にあまり左右されない」
というところだと思います。

氣功の多くは、けっこうな訓練を要するんです。
本人の能力を上げないといけないから。

でも、レイキは違います。
「大自然の力を借りて、相手とシェアする」
というイメージなんです。

ぼくやあなたにすごい能力が必要なんじゃない。
すごいのは大自然とか宇宙、体の中にある命そのもの
とかです。

といっても別に不思議な話をしたいわけじゃなくて、
緑が濃い森の中を歩くと気持ちがいいし、
きれいな海をみると清々しいし、
色とりどりのお花をみると元気をもらったりしますよね。

そういう力が、自然にはもともと、あります。
そういう力を受け取る感受性が、
ぼくらにはもともと、あるんです。

その " 上手な使い方 " を忘れてきちゃっただけ。
だから、
「思い出そうぜ!」
というだけの話なんです。

訓練もしていないのに、
初日からけっこうな効果が実感できる理由も、そこ。
寝てた力を起こすだけ、ということ。

もちろん、訓練……というか、
「慣れ親しんでいく」と、力はさらに強くなっていきます。

■ どうやったら使えるようになる? 難しくないの?



1)伝授という手法で、氣の通りをよくすること。
2)使い方のマナーとコツを知ること。

必要なのはこの2つだけです。

あとは、
痛いところや整えたいところに手を当てて、
必要な言葉とイメージを10秒ぐらいで
思い浮かべて、あとは手を添えておくだけ。

ごくごく簡単です。

楽ゆる式では特に、
応用法でいくつも面白いものがありますが、
↑の基本さえわかったら、
何も難しいことはありません。

■ 学べるところも料金もバラバラ過ぎて、怖いです……



そうそう、
これは本当に、問題だと思っています。

まともな人とそうでない人を見分けるのは、
ぼくでも相当難しいです。

ただ、基準として……

●信頼されていてお客さんがたくさんいそう
●値段が異常に安いとか異常に高いとかじゃない
●現場でちゃんと使っていそう
●本人の写真やしゃべり・文章に「いい感じ」がする

という選び方をするといいと思います。

「氣が合うかどう」がものすごく大事なので、
その人のレベルがどれだけ高くても、
「合わない感じ」がしたら、響きません。
使いにくいレイキになるでしょう。

■ レイキが自分に合うかどうかの判断はどうやる?



氣功的なものにつよい抵抗がある場合は、
たぶん向きません。
(理由があって、氣系の感性を閉じているはずなので、
 少なくとも今は、タイミングではないはず)

イメージや感覚のつかみ方が上手だと「向く」傾向が
強いです。ためしに、↓の2つの動画で、
「たしかにいい感じがする」と思ったら、
レイキが向くと思っていいはず。

▼最新!「開花の呼吸法」
 




▼実はみんな必須!5秒でできる邪気の浄化方法
 


 

■ 楽ゆる式レイキは、何が他と違う特長?



こちらもよく聞かれるので、要点だけ。

●通常のレイキよりも早く効く(2倍速に近い)
●変化が一発でわかる
●永井が整体で鍛えてきたレイキなので、
 内臓、脳、筋肉、経絡、血流への効果が高い
 (レイキは使い手と一緒に育ちます)
●触診の感覚(手のセンス)が上がりやすい
●生活への応用方法が多彩
 (食べもの、化粧品、場所、メンタル などなど)
●氣の基礎知識や安全ルールなどがくわしくわかる
 (特に安全ルールをきとんと教わっていない人が多いため)
●独自のクイック版がある
 (時間がないなかでパパッと浄化したいときなど)

……といった点が、他にないところです。

ぼく自身がはじめてレイキを学んだとき、
「不満だったこと」や「困ったこと」が
実はたくさんありました。

それを補うものにしないと、ぼくがやる意味がありません。
それで、こんな内容になっていきました。

■ レイキはどんな使い方をされてるの?(実演動画)



ここではナマの現場を、のぞいてみて下さい。

具体的に、どう使っているのか?
何をしたら、どう相手が変わるのか?
どれぐらいの時間がかかるのか?

実演とともに説明しました。
かなりリアルに理解できると思います。

●レイキって何? 効果とかやり方は?
 ~誰にでもできる氣功治療の基礎知識~
 


 


■おわりに:永井がレイキの普及に力を入れる1番の理由



「普通のやり方では治らない症状」が
あまりに増えたから。

これが1番大きいです。

とてもリアルな " 嘆き " として、
ちょっと前まで「達人」と呼ばれていた先生がたが、
「最近の人たちは、今までのやり方では治らなくなった……」
とおっしゃるんです。
それで治療院が立ちゆかなくなるケースが
かなり増えているとのこと。

「疲れの質」が、変わってしまったんです。
筋肉・骨格さえ整えればいい、という時代では
もうなくなってしまいました。

パソコン・スマホが当たり前になった。
安全じゃない食べものが当たり前になった。
デスクワークでずっと座っているのが当たり前になった。

疲れが「内臓」や「脳」……
それだけでなく「経絡」「血流」「リンパ」といった
深部まで届くようになってしまった。

要は、ぼくらの体が、変わってしまった。
だったら当然、整体や健康法も、変わらなければいけません。

昔とは違う病気なんだったら、違う薬が必要です。
より深い場所、
固体より液体、液体より氣体という深みまで
整える力がないと、治らない。

もう健康というものが、
「違うルールのゲームになっちゃった」と
思ったほうがいい。

かといって、それが、すごく難しいか?

意外と答えはNoなんです。
新しい発想とやり方さえ受け入れられたら、
ちゃんと「手が届く」ものなんです。

だから、整体師は、氣功がやれたほうがいい。
お客さんのためにはもちろんだけど、
自分の体を壊さないためにも。

そして、どうやら一般の人も健康法として、
氣功がある程度、やれたほうがいい。
なぜなら、氣のレベルまで整えてくれるいい先生の数が、
圧倒的に足りていないから。


誰でもすぐ無料でできる方法も、楽ゆる式では
お伝えしてきました。今後もそれは続けていきます。

ただ、プロになりたい人や、健康に本気な人、
早く深く効かせたい人には、ガッツリした濃い内容で
お伝えしたいと思います。

レイキに興味がわいたら、くわしいところを、
見てみて下さい。

●「楽ゆる式レイキ① 初・中級」
~ 氣功でこりや痛みがケアできるようになる! ~
※単発参加可、初心者歓迎です。
https://www.ht-b.jp/erm/kiko/1reiki_b.html


ではでは、くれぐれも、お大事に。
「自分にもできることがある」と思える人は、つよい。