楽ゆる式◎セルフ整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

ハラ黒いのと、表黒いの、どっちがいい?

f:id:cookyourself111:20180112213059j:plain



ハラ黒いのと、表黒いの、どっちがいい?

たぶん、人は一色だけではできてない。
昼と夜が、どちらも必要なように。

そう考えると……

(主に)表が黒くて、ハラの中は白い人、
(主に)表が白くて、ハラの中は黒い人。

どっちかしか、いないことになるね。

どっちと、深く付き合いたいですか?

 
そう……
たぶん、こういう理由で、表が白過ぎると、怖いんだよね(笑)
何かを隠されているみたいで。
(本人が自覚できていないケースもあるけれど)
 
黒を表に出せる、ということは、
ハラの中の白さの証拠でもある。
だから仲良くなるための手段として、
「ハラを割って話す」なんて表現があるんでしょう。
 
 
そうなると、
「愚痴ひとつ言わない」のも、考えものかも知れないし、
「きれいな言葉しか使わない」のって、
本当に健全なのか、ちょっと疑わしいんです。
 
マツコ、有吉を筆頭に、
毒舌だけど信頼感や人気を集める人が増えてきました。
 
きっと考えるべきポイントは、
黒さを出すかどうか、じゃなくて、
黒さをどう出すか? 
なんだろうと思うんです。

ドロドロのまま出すことも、面白く出すことも……
素材は同じ黒なりに、調理法はいろいろとあるわけで。
 
悩んだり、怒ったり、悲しんだり、疲れたり。
どれも、生きる一部。
 
きっと、出しちゃいけないどころか、
「自分なりの工夫をしつつ、出すべきもの」です。
おしっことかうんこと一緒でね。
 
出さないと、いいものも、ちゃんと入らなくもなるしね。
やっぱり、便秘してると消化・吸収が滞るのと、似てる。
 
 
人と気持ちのいい関係をつくる。
自分の中を健全にたもつ。
学ぶ力や感性を豊かにしておく。
 
どの目的のためにも、
「出す習慣」を、探しておいてほしいと思うんです。
最初は、一人で書く日記でもいいから。
 
それはきっと、
魅力に満ちた個性があらわれる、
はずせないプロセスなんじゃないか。
 
出せる色が増えるわけだから。
そりゃあ、描ける絵は広がるもんね

 
最近、白ではないところ、出せてますか?

誰にだったら、出せますか?

誰の黒いところだったら、好ましい?

あなたのどんな黒なら、どんな出し方なら、許せる?
  

多分ですけどね。
あなたの黒を知っても大丈夫な人や、
実はすでにバレてる上で付き合ってくれてる人が、
一生もんなんでしょうなぁ……

 
ぼくもこれ、日々、悩んでます。